スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天職」って何ですか

おは朝で仕込んだ芸能ネタ。蒼井優ちゃんと岡田准一くんの熱愛発覚。2人でスーパーに行ってたところを激写されたらしい。世間の趨勢とは一線を画し、この2人にもピクとも触手が動かない私。妖精系の女の子と背の低い男前(男前でなければ可)はどうも苦手なのよ~。この話はまた別の機会に。

話はガラッと変わる。フリーランス、もちろんフリーランスに限らずリーマンさんもOLさんも同じかもしれないが、仕事に対するモチベーションを保つほど難しいことってあまりない。それでも会社勤めなら、だるい~と欠勤ばっかりしてたり、行ってもタラタラ仕事してたりすれば、クビか周りに迷惑を掛けまくりになる。つまり、モチベ云々に限らずなんとか平均以上のパフォーマンスを見せねばなるまい。

ところが私のようにフリーランスならば、仕事量を落とすことも可能だし、だらけた仕事も一応可能である。もちろんそのツケはちゃんと回ってくる。クレームがつくくらいなら見込みはある。大半は単に干されるだけだ。干されてもOK♪旦那様に養ってもらうもん、VIVA専業主婦!とある一角からは張り倒されそうな道を選ぶことも決して不可能ではないのだが、性格上向いてないのは承知してるので、そう開き直りもできない。あー職場に好きな人でもいればな(誰の話?)

そう、お分かりだろうが、近頃すっかりモチベーションが下がっているのだ。その割にぼちぼちの売り上げを上げている私ってすごい(自画自賛w)。元々私の周りにはお仕事大好き人間が多い。父親なんかその典型で仕事=趣味=生活という男だった(あ、ギャンブルも大きく占めるけど)。フリーの友人を見ても、仕事に対する情熱や意気込みはすごい。産業翻訳家らは凝り症の集まりのような人々だから、読書と言っても私のようにミステリーやら恋愛小説やら読むくらいなら、専門書や直接仕事に結びつくようなマニュアル書なんかに目を通しているようだ。経営者ともなるとそれに経営ノウハウ本や自己啓発チックな本が加わる。到底ライバルにはなれねーよな。

私は今の仕事を「天職」とは露ほども思っていない。結果的にどうなるかはさておいて、(自分が)頭が動かなくなるまでとか、定年過ぎてもできるorやりたい仕事だとも思っていない。だんだん仕事が来なくなってフェードアウトするならばそれでも未練はさほどない。そう言いつつこの仕事を続けているのは、物を売るとか、お客様に直接奉仕するとか、手足を動かして汗をかくとか、そういった仕事よりは多少向いており、プロとしての最低限レベルには達しているであろうと思うくらいだ。ま、たまには達成感のようなものを感じることもないではない。そして、これが1番の理由であろうが、多分私の能力で会社勤めをするよりは収入的にはいくばくか多くを得られ、しかも時間&心理的な自由が得られることだ。
(注:投げやりに仕事をこなしているという意味ではなく、仕事は仕事。そこんとこは割り切って誠実な仕事をしようとは意識してます。クライアントに読まれるとちょっとまずい)。

ブログはある種自己顕示欲の高い人が集まる場でもあるから、いろんなブログから「お仕事大好き♪♪」という愛がむんむん伝わってきてちょっと辛くなることがある。ネットワーク系、スピ系でも絡んでくればそのテンションは倍増だ。「で、儲かってんの?」という身も蓋もない問いを投げかけてみたくなる私は関西人。

私の最も身近な人間のだんなさん、私はスーパーサラリーマンと名付けているが(定義は省略)、「50歳で退職するから(私が怒って最近55歳に引き上げた)」が口癖で、仕事に愛情なんて持ってない。ただ、根が真面目な人なのであろう、馬鹿みたいに働いている。昔パイロット、今はバスの運転手が夢らしい(つまり、運転が好きなのね)。だから純粋な仕事ネタで家庭で盛り上がるなんてほぼ皆無。

「どうしたら翻訳家になれますか?」「どうしたら仕事が手に入りますか(食べていけますか)?」は、一時期講師のはしくれでもあったのでよく聞かれた(る)質問である。この問いに対する私なりの考えは、近々別の日に書いてみようと思う。

「天職」って誰にでもどこかにあるのだろうか。それとも意外と今の仕事「天職」なのか、まさか。そもそも「天職」に就くって幸せなのか。教えて皆様。モチベがどうも上がらぬままこんな駄文を書きなぐっている(うわ、またまた長っ)。
スポンサーサイト

宜しくお願いいたしま~す

商売道具のお名刺届きました~。

名刺

引っ越し前のデザインはもうちょっと大人しめのPink。でもピンク。以前、オーラソーマの先生が、物書きの人はブルー系を選ぶことが多いとおっしゃってた。確かに執筆って青というイメージ。

でも、私はイケイケの赤。本来は大好きな紫といきたいところだが、さすがに欲求不満感ばればれ(笑)と思われてはとやめておいた。

最近は異業種交流みたいな場所にもあまり顔を出していないので、名刺が増える、名刺を配るチャンスが減った。サラリーマン(&ウーマン)らの会社用名刺と違って自由業の名刺を眺めるのはなかなかに楽しい。

リンク先のライターkaoriちゃんは自分の写真をでかでかと載せた名刺だ。しかも海外で撮影した変身ポートレートで、本人とのGAP(失礼)がまた面白い。セミプロ歌手さんやエステシャンとか写真付き名刺はたまにいただく。私も奇跡の1枚を名刺に貼り付ければ仕事は増えるのか??美人翻訳家っていい響きではないか(妄想妄想)。

フリーランスの名刺では、やっぱり大勢の名刺の中に埋もれてしまわないようにちょっとしたインパクトも必要だろう。最近の名刺は凝ったデザインも多い。紹介できないのが残念だ。

じょしこーせいみたいにKYOKOみたいなアゲアゲのプライベート名刺なんかも作ってみたい。もしくはどこやらのお姉さんのように「お電話してね、KYOKO」のような。

お返事に代えて

下の一節は「SEX AND THE CITY」の中でも心に残る回の1つのエンディング。NYの秋の始まりを伝える映像も素晴らしく美しいです。

先日のブログで英文・日本文ともに紹介したところ、mgさまより日本語訳が素晴らしいというコメントをいただいたので慌てて追記。上はドラマの公式訳です。まさしくお手本訳。

It was official. The next season had began.
Maybe our mistakes are what make our fate.
Without them, what would shape our lives?
Perhaps if we never veered of course, we wouldn't fall in love or have babies or be who we are.
After all, seasons change. So do cities.
People come into your life and people go.
But it's comforting to know the ones you love are always in your heart.
And, if you are very lucky, a plane ride away..


公式に次の季節がやって来た。
多分運命とは間違いによって作られるのだ。
だって間違いなしでどう人生を刻めるのだ。
もしコースをはずれることがなかったら恋に落ちることも子供を産むこともなく、自分というものさえなくなってしまう。
いづれ季節は変る。そして街も。人と出逢い、人と別れ、しかし淋しいことはない。愛する人はいつも胸の中にいる。そして運がよければ飛んでゆくこともできるのだ。


申し訳ないので、自分でも急遽考えてみました(即興なので誤訳はご容赦を)。いつものキャリー節に少し近づけて。昔は出版翻訳やってたのでやっぱり楽しいですね。映像翻訳のプロ、mintさんの味付けもお聞きしたいところです。

本当に始まった。次の季節が。
たぶん運命なんて間違いだらけ。
でも間違いでもないと、何が人生を決めるというのだ。
コース通りの生き方をしてたら、恋に落ちたり、子供を産んだりしない。
ましてや今のアタシはここにない。
季節はうつろう。街もそう。
人は近づいては去っていく。
けど凹んだりしない。知ってるもの、愛する人はちゃんと胸の中にいる。
運が良ければ、飛んでもいける。

      (KYOKO摂訳)

あ、本当のお仕事お仕事(汗)。

人生 宇宙 すべての答え

翻訳者という仕事は、多分部外者が想像するよりもずっとコンピュータ(ハード&ソフト)への依存度が高い仕事だ。もちろん分野にもよるが、作家のように(って私も作家の実情をそれほど知っているわけではないが)頭の中で訳語をうんうんひねり出す時間が多くを占めるものではない。翻訳ソフトやらメモリやらを駆使し、PC上で自分に合う効率的な翻訳環境を生み出すのは、プロとしては必須の仕事だ。

それは何も翻訳者に限ったことではなく、事務OLなら事務OLで、効率的なコピー撮りの方法、うっかりミスを防ぐ付箋の使い方、エクセルの裏ワザ等々、仕事の効率と精度を高める工夫はしているだろう。営業マンだって企画マンだってきっと同じ。

翻訳者に話を戻すと、翻訳者にとって最も重要な能力の1つには「調査力」が挙げられると思う。自分のストライクの得意分野や自分の頭の中の知識だけで片付く原稿が回ってくることは私の場合あまりない。いや、どんな分野でもすらすらこなせるようなら、こんなレートでくすぶっているわけはない(笑)。新しい原稿が届くたびに慌てて調査を始めるのだ。

この「調査力」、10年前ならいざ知らず(その頃は図書館にも結構通った)、今の時代なら「検索力」と言ってもよかろう。使えるサイトを見つけ出して、いつでも調べられるようにお気に入りに追加する。サイトの良否や情報の真偽--その鼻が効くようになってくるのも経験だ。

とえらそうに言ってはみたものの、PCの活用度も検索力も私はあんまり自信がない。翻訳者には割とPCオタも多いし、凝り性なのはもうデフォルトだ。だから周りを見るとますます落ち込んでくるので気にしないようにもしている(笑)。

検索と言えば、言わずと知れたGoogle。これから書くことを今頃知ったくらいだから私の検索力のお粗末さは想像がつくだろう。

日経の夕刊の毎週月曜日に「ネットナビ」というコーナーがある。PCやネット関係の本にさほど目を通さない私にとっては割と重要な情報源だったりする。それ常識だろ、というようなことも初めて知ることがある。昨日の記事はgoogleの「電卓機能」についてだった。

Google の検索ボックスに計算する値を入力し Enter キーを押すか、[Google 検索] ボタンをクリックするだけで、基本的な算数だけでなく、単位、変換、物理定数などの複雑な数式を電卓で求めることができる。たとえば、
5+2*2
2^20
ルート-4
大さじ1をccで
45キログラム * 42.195キロメートルをカロリーで

というような計算が瞬時にできるのだ。特定企業の株価や通貨換算もできるよ!

ついでに「荷物検索」では、ヤマト運輸の荷物の配達状況を調べるには、Google の検索ボックスに「ヤマト」と「お問い合わせ伝票番号」を入力し、Enter キーまたは Google 検索ボタンをクリックするとよい。今までわざわざヤマトのHPに行って調べてたよ~。

その他、グーグル機能についてはその手の本がたくさん出ているのでお調べあれ。

そして、日経では「人生 宇宙 すべての答え」と入れたら何が出るだろうと締めくくっていた。googleどこまでやるんかい。答えは省略。

そんなにみんな読みたいの?

アクセス数少なっ。やっぱりみんな夏休みなの~。

何だか休み気分だけが乗り移ってきてモチベーションが上がらない。オリンピックも格闘技好きな私には柔道は見逃せない。スエマエだってまた見てしまった。しかし、時差がほとんどないのに深夜のゲームってなぜ?バレーボールは途中で断念した。

開会式で長々と斉唱した可愛い女の子Lin Miaokeちゃん。本当に愛らしいが、実は本当に歌を歌った子はYang Peiyiちゃんであれは口パクだったそうだ。Yang Peiyiちゃん素晴らしい歌声だが、cuteness test(可愛子ちゃんテスト)に落ちて「国益」のためLin Miaokeちゃんが選ばれたそう。傷つくよなぁ。

バルコニーに家具も入ったし(昨日のブログ参照)、お風呂のサウナも快適だし(本を読めるサウナとミストが噴出するサウナの2種類がついている。これ意外と使える♪)、勤労意欲も下がってるし--で最近また少しずつ本を読み始めた。放りっぱなしの本棚ブログも再開しなきゃ。

その大きな要因の1つには図書館の存在もある。ここ最低5,6年は図書館から遠ざかっていたせいか、最近の図書館事情に詳しくなかった。気になる本があったらアマゾンでポチしてたし。しかし、引っ越しで大量に本を処分し、収容場所も少ない新居では行き当たりばったりに本を買うのもセーブしようと思った。正直なとこ、節約もしないとね。

引っ越し前にもそこそこ近い場所に図書館はあったが、今は歩いて数分の場所にある。途中にはカフェもあり、なかなかのお散歩スポットだ。以下のこと今どき常識じゃんと思われるかもしれないが、実感してる。最近の図書館って便利だね!

早速図書館のHPのオンライン会員に登録した。市内にある図書館蔵書が全部データベース化されていて(中央図書館は全国的に見ても割と充実してると思う)、家のパソコンから検索はもちろん予約もできる。予約していた本が帰ってくる、あるいは購入されるかした場合、メールでそれが知らされる。それを近くの分館に取りに行けばいいだけだ。

本買わずにすんじゃう?と嬉しくてとりあえず数冊予約してみた。がんがん借りるとさすがに仕事にも差しさわりが出るし。でもそこまで甘くない。人気の本はやっぱりみんな買わずに借りて読みたいようで、当分予約の順序は回ってきそうにない。今さらだろうに桐野夏生の「東京島」、蔵書は10冊程度あるみたいだが、230人待ちってどんだけ~。

でも、少々旬を過ぎた本は早速メールが届いた。さて取りに行ってこようかな。

PS.セリ様、「東京島」面白かったですか?230人待ちはさすがにだるいので購入検討中。

痩せたいなら腰を振れ

私の趣味の1つはご存じのとおり通販ショッピング。なんせ家っ子ですから~。

その中でも目がないのがエクササイズ系だ。ジムにはとりあえず週3回程度は通っているが、決まった時間にレッスンに参加するのが最近だるくなり、顔を出してもちょっと歩いてストレッチ。気休め程度の筋トレで終了という感じだ。

それでも行っているだけトレーニングできてるじゃん、と言われるかもしれないが、会社勤めの方は通勤でホームの階段も、コピー撮りや何やらで会社内も、ランチで近くのお店まで、1日結構歩いてるのではなかろうか。通勤電車の立ちっぱも意外と体力消耗する。専業主婦であれば、お掃除に洗濯、買い物に子供の送り迎え、これまたハードな運動だ。

最悪なのが、私のような在宅仕事&ダラ主婦の組み合わせ。歩きたくなきゃ歩かなくて済み、通販環境は昨今ますます充実しつつある。おまけにこんなに暑いと熱中症が恐ろしく目的でもないと積極的なお出かけは気乗りがしない。一般女性の平均消費カロリーの半分いや3分の1程度か??

怖いよ、怖い。長年の体育会系生活でそこそこ体力あるんじゃないかと過信していたら、昨年からの不調とともに体力ががっくりと落ちた。スーパーでカートを押しているうちレジに着いたらもう疲れてる。走って電車に飛び乗ったらゼエゼエが止まらない。しょっちゅう頭痛と胃痛に悩まされる。規則正しい運動が大事かと犬でも飼おうかと真剣に考えた(こんな理由はいけません)。

「どこから見ても元気そうなんだけどね」とだんなさん。どうせなら薄倖そうな色白華奢であればいいのだが、いかんせん健康的なルックスが納得いかず。

人生の後半、足腰は何かと大事だからね--というわけで、ついつい流行りのエクササイズ系のDVDに手を出すわけである。

コアリズム (まだ1部です)

ビリーの後に大ブームを巻き起こしている杉本彩嬢お勧めの「痩せたいなら腰を振れ」でおなじみのコアリズムももちろん購入済みだ。最近ではクワバタオハラがウェスト-20cmを達成したことでますます勢いがついている。だが写真集まで出すのはどうよ。くびれがあればいいというわけではない。グラドルの基本はやっぱり顔(か胸)ではないのか(失礼)。むしろ樽ドルの方が需要が多いはず。

ただ、ここからがポイント。私は買って見るのが好きで、これらの運動をやるわけではないのだ(爆)。まあご挨拶というかお義理で、そして人に感想を伝えるため、1回程度は実際にやってみるがおつきあいはそれでおしまい。私にとってはPV感覚で、最近の流行りのエクササイズや、素晴らしいBODYを見るのが楽しいのだ。ダンス系DVDとある意味似てる。

ちなみに昔ダンスをやっていたので、「コアリズム」は結構楽しい。真面目にやったらウエストがきゅっとしまるだろう。ただ素人があんなに腰を回せるわけはないが。腰痛持ちの私はちときつい。例外の「自力整体」はちょくちょく使ってる。本当のレッスンに出てみたいなぁ。

幸か不幸か、筋肉量は別として、体重は何をしようがそれほど変わらない。右肩上がりになるのはこれからかという不安もあるが、とりあえず新婚時の急増を除けば20年間±3kg程度だと思う。真剣にヤバいと思ったら使えばいいのだといういい加減な考えが、運動量低下に拍車をかけている。

久しぶりにやってみるかな、コアリズム。引っ越して嬉しいのはカーテン全開でも覗かれる心配がないことだ。「年齢不詳の中年女性、腰を振りまくる図」に他人を驚かせずにすむ(笑)。
プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。