スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

200円と400円のケーキ

ありがたいことに、震災や慢性化しつつある円高ドル安の状況にもかかわらず、上半期を過ぎた時点では、今年の売上は前年度を大きく上回りそうな様相です。これは、昨年度が前年度比-10~-20%ほど落ち込んだせいでもあります。

現在、私は何社かとお付き合いさせていただいています。1社をメインとすれば、その1社との取引が駄目になった場合に影響が大きいため、5,6社が理想的なのですが、やはりメインクライアントを優先しがちで、いつも最終的には2,3社程度におさまってしまいます。

その中では、もちろん単価のばらつきもあり、最高単価と最低単価との間では日英1ワードで5円もの開きがあります。なぜか、翻訳者に最も高いレベルを要求するのが最低単価の会社なのですが(笑)。

では、私はその会社間でどのような差別化を行っているかというと、大した差異はありません。人によっては見直し回数を変えたり、コメントを丁寧に入れたりというようなところで区別を図っているようです。その辺、翻訳というのは難しいもので、たとえば、200円のケーキと400円のケーキとを販売しようと思えば、おそらく食材のレベルや量を変えることで対応するでしょう。ところが、翻訳のレベルを明らかに落とすこと、あるいは上げることは難しく、単価がどうであれ、出来上がる原稿のレベルはそんなに大きく変わらないでしょう。世はファストファッション流行りですが、ファスト翻訳はさすがにしたくなく、許される状況でもありません。

問題はモチベーションです。どんな仕事でも高いモチベーションをもって自分基準の最高品質のものを提供するのが理想とは分かっていますが、そこは人間、なかなかその境地に達せません。

実は、これは翻訳に限らず、同じお店でも、高いお給料をもらって正社員として働く人間と、自給800円のアルバイト店員とからは同じ接客サービスを期待できないかもしれません。当人のモチベーションもきっと違うでしょう。もちろん客側としては同じお金を払っているとすれば、均等なサービスを要求するところですが。

当然ながら、低い単価の仕事はすべて断って高いもののみを受ける(これ以下の料金ではお受けしません、キリッ)というお殿様商売ができればそれに越したことはないのですけれど、「断る」ということはフリーランスの身からは意外と難しいものです。その辺りの話は次回ということで。翻訳には原価割れという心配はないので、いくら単価を落とそうとマイナスは発生しません。

多くの翻訳者はこのような葛藤をどんなふうに処理しているのか、たまに気になります。今週たまたま同じソースクライアント(ある事情で判明した)からの仕事を別々の翻訳会社から受注したところなのです。


いかがでしょう、御同業者の皆様。

スポンサーサイト

長引く咳にご用心

熱や鼻水などその他の風邪の症状が消え去った後もしつこく残る咳。夜中にふと咳き込んで目が覚めることもある。これはもうたまらないと、近くの呼吸器科に行くことにした。

ちなみに数年前、体調を崩したのと引っ越しがほぼ重なった時期、ドクターショッピングを続けた。住宅街の駅近のマンションに越したせいで期せずして病院通いには困らず、比較的少ない負担でドクターショッピングができた(笑)。徒歩圏内もしくは自転車圏内で病院はどの科も間に合う。しかもその中で評判がよく、自分とフィーリングの合う医師を選べる選択肢もついてきた。大きな総合病院もいくつかある。本来なら病院などとは無縁なのが1番などだけれど。

最近の個人病院は大抵予約がきくのも便利だ。今回行った病院は予約は取っていなかったが、直接順番を取った後は何時くらいに来ればよいか教えてくれ、出直せる。ちょうど隣のスーパーで夕食の買物を済ませることができた。

話を戻そう。まずは採血で風邪かどうかを検査した。血液の異常も炎症反応の数値も出ず、風邪菌はいないことが分かった。先生のお見立てでは、「アトピー咳嗽(がいそう)」ではないかという。風邪でもないのに何週間も続く空咳はこれに当たることが多いそうだ。アトピー性皮膚炎や小児喘息等の経験がある(私はどちらもなし)中年女性によく起こる症状らしい。

風邪薬やうがいではなかなか治らないはずだね、アレルギーだったとは。抗ヒスタミン剤やシロップ等の薬を3種類処方された。これをこじらせると半年程度完治までにかかると言われ、様子見では喘息の治療になるかもしれないとのこと。厄介だなぁ。

そして、今日の午後、驚くことに、いや当然なのか? 咳が劇的に減っている。西洋薬にはなるべく頼りたくないという気持ちもあったが、やはり薬の威力はすごいものだ。ただ、薬をやめてまた咳がぶり返すと厄介なことになるので、2週間程度完全に症状が消えるまで投薬を続けなければならないらしい。このまま完治するといいなぁ。また、これは風邪ではないので人に移ることはない。ジムやスーパーなどで咳込むと、周りの人が嫌な気がするだろうから、移るものではないと聞いて本当にほっとした。

しかし、このアトピー咳のきっかけはやはり風邪だという。咳が慢性化して困っている人はちゃんと検査をしてみることをお勧めする。偶然にも友人は風邪だと思っていたら、副鼻腔気管支症候群だったそうだ。咳に関してはこちらのサイト「日本咳嗽研究会」が詳しくてよく分かる。肺癌で亡くなった私の父も嫌ぁな咳を何年もしていた。咳、あなどるなかれ。

ところで、咳嗽(がいそう)って「COUGH(咳)」のことなんだね。生まれて初めて聞いた言葉。



・咳喘息(cough variant asthma:CVA)
・アトピー性咳嗽(atopic cough)


最近ちょくちょく医療機器の仕事も受けている。自分がかかわった病気はついでに英訳とスペルをチェックしておくことにしている。転んでもただでは起きないKYOKOなのだ(笑)。

「播州皿屋敷」-夏のお昼もヒヤッと

ずっと引いている夏風邪が不思議と昨日の朝だけは消え去り、松竹座で開催中の七月大歌舞伎、昼の部に出かけてきた。ミナミに出るのは1年ぶりくらいの久々。駅周辺で吉本の芸人さんに出会う。キタとは違う空気感がまた楽しい。

今回の演目は、

松竹座

一、播州皿屋敷(ばんしゅうさらやしき)
            浅山鉄山  愛之助
            岩渕忠太  亀 蔵
            腰元お菊  孝太郎


二、新歌舞伎十八番の内素襖落(すおうおとし)
            太郎冠者  三津五郎
             鈍太郎  亀 蔵
            次郎冠者  巳之助
             三郎吾  萬太郎
             姫御寮  梅 枝
             大名某  秀 調

だんだんと咳込み始めたので、三幕目は遠慮しておいた。今回見たかったのは一幕目の「播州皿屋敷」だったので目的は達した。鉄山を演じるのは、あのエビゾウ騒ぎのときに代役となったことで一躍有名になったラブりんこと愛之助さんである。

さて、「播州皿屋敷」を知らないという人のためにちょっとおさらい。

永正年間、姫路城第9代城主小寺則職の家臣青山鉄山が主家乗っ取りを企てていたが、これを衣笠元信なる忠臣が察知、自分の妾だったお菊という女性を鉄山の家の女中にし鉄山の計略を探らせた。そして、元信は、青山が増位山の花見の席で則職を毒殺しようとしていることを突き止め、その花見の席に切り込み、則職を救出、家島に隠れさせ再起を図る。乗っ取りに失敗した鉄山は家中に密告者がいたとにらみ、家来の町坪弾四朗に調査するように命令した。程なく弾四朗は密告者がお菊であったことを突き止めた。そこで、以前からお菊のことが好きだった弾四朗は妾になれと言い寄った。しかし、お菊は拒否した。その態度に立腹した弾四朗は、お菊が管理を委任されていた10枚揃えないと意味のない家宝の毒消しの皿のうちの一枚をわざと隠してお菊にその因縁を付け、とうとう責め殺して古井戸に死体を捨てた。以来その井戸から夜な夜なお菊が皿を数える声が聞こえたという。

江戸の番町皿屋敷の方が有名だろうか。本家本元は播州なのか。皿屋敷にもいろいろなバリエーションがあって面白い。だんなさんは何と「一枚~、二枚~」のお菊の怪談話を知らなかったというのだ。これも日本人として驚き。


Sarayashiki.jpg


舞台にはちゃんと井戸がしつらえられ、お菊が吊り下げられて出入りするというアクロバティックな仕掛けもある。「一枚~、二枚~」の声にぞぞっと鳥肌が立つ。これぞ夏の醍醐味。

幕間で偶然出会った友人から声をかけられた。九月の海老蔵復帰公演のチケットを取ってくれると申し出てくれた。なんだかんだ言っても海老蔵の弁慶は観たいわ。


ここから、この日はセールに出向き、セール対象外(笑)のワンピースを購入し、お寿司を食べて、そこからまた買い物をするという強行スケジュール。既に今朝はぐったりである。




ローラーガールズとなでしこたち

悲しいかな、前のブログで書いた夏風邪が治らず、三連休を全く無駄に過ごした。自由業の私は、別に祭日にこだわる必要もないのだが、サラリーマンのだんなさんを持つ身にとっては連休は貴重なのだ。旅行とは言わないまでも、買い物や食事に出かけようと思っていたけれど、ほぼ自宅にこもりっきりになった。

免疫力が低いのか何なのか、風邪をひくととりあえず治りが遅い。夏風邪は久々だけど、冬の風邪は平気で半月くらい持ちこしてしまう。喉が弱いので気管支の腫れがなかなかおさまらず咳が止まらなくなる。喉には気を遣ってるつもりが夏はノーマークだった。今、喉はうがいを頻繁に続けて少しおさまってきたけれど、鼻は余裕でティッシュ1箱以上使った計算になる。

まあ、それはそれ。ティッシュボックス片手にマスクをして、3時に目覚め、女子WCサッカーの決勝戦は全部ちゃんと観戦した。これが三連休のメインである。

ところで、以前リンク先のyumiさんが紹介していた「ローラーガールズ ダイアリー」をやっと観た。yumiさんのレビューを読んでとても観たかった映画なのである。


ローラーガールズ


ドリュー・バリモアが初監督を務めた青春ドラマ。17歳の女子高生ブリスは、美人コンテストで優勝することが人生の成功と信じる母親や、田舎町の退屈な生活にうんざりしていた。そんなある日、隣町の大都市オースティンに出かけた彼女は、女たちが繰り広げるパワフルなローラーゲームに魅了され、その世界に生きがいを見出す。主演に「JUNO/ジュノ」のエレン・ペイジ。共演にマーシャ・ゲイ・ハーデン、ジュリエット・ルイスら。

想像通り、とても面白い映画だった。「JUNO」には劣ると思うけど、エレン・ペイジの魅力が炸裂している。彼女には今までのアメリカ人の若手女優にはない独特の魅力がある。

まあざっと言えば、これはごく単純な女の子(女性)たちの友情ストーリーだ。それでも小学校の頃から団体スポーツ体育会系だった私には気持ちがとてもよく分かる。また、今回のなでしこJAPANを見ていると、男性同士とはまたちょっと違う女性同士の関係の良さが画面からも見て取れる(もちろん私とはレベルは月とスッポン)。足の引っ張り合いとか嫉妬とかそんな様々なものを経て、それらを超越した団結。元々私自身は今の仕事から分かるように、自由で縛られない生活をするのが好きな、あまり協調性のない個人主義的人間だと思うのだが、だからこそかえってそういう団体競技の場に、ある期間自分を置いていたことはよかったと思う。その頃は単に身体を動かすのが好きという理由からだったが。

当たり前すぎることだけど、一人が輝くためには、他の人の後押しが必ず必要になる。そして、その場所場所で自分の存在意義と役割がある。どんなに突出した才能を持っていても、それをアシストしてくれる人間がいなければ才能が埋もれてしまう。一般の社会生活でも同じだろうが、団体競技ってそれを最も明快な形で見せてくる。フィジカルと共にメンタルが叩きのめされ、そして鍛えられる。

こんな映画や、なでしこ達を見ていると、それを実体験していた時の気持ちが、甘酸っぱい想いと共に蘇ってくるのだ。


まだ、風邪のウィルスが出ていきそうにない。手持ちの仕事も全部終えた(えらい!)ので、のんびりと撮りためた海外ドラマを観る日にしよう。



「下流の宴」-一皮むけた瞳さま

少し前に読んでいた林真理子さんの「下流の宴」。テレビドラマ化されているのをつい最近知って6回目から見ている。内容は分かっているからついていけるのだ。


【送料無料】下流の宴

【送料無料】下流の宴
価格:1,680円(税込、送料別)



それなりの教育を受け、平穏な家庭を営む主婦由美子の悩みは、20歳になる息子が中卒で定職をもたないこと。格差社会の現実を描く最新長編。普通に暮らし、普通に生きてきたつもりだったのに。自分は下に落ちていた?家族。生き方。変わるもの、変わらないもの。身近に起きる格差社会の現実を真正面から描いた、大反響の新聞連載小説。

文筆業の人がブログを書くにはすごい勇気が必要だろう。それなりの内容と筆力を期待されるからだ。ところが、彼女の「あれもこれも日記」の内容はほぼ毎日、あれを食べた、これを食べた、の羅列に近く、ファンではないもののかなりがっかりした。ジムで毎週アンアンのエッセイも読んでいるのだけれど、これまたダイエットの成功→失敗→成功→・・・と美女やイケメンらとのデートの話に終始する。あれを楽しく拝読している読者がはたしているものだろうか。

しかし、彼女の書く小説は、何とも言い難い他にない魅力があるのもまた事実である。「身も蓋もない」女の下世話な欲望を描かせたらやはりうまい。人妻の不倫を描いて話題になった「不機嫌な果実」も同様である。また、私は作品中の予備校とその講師が気になった。人生を今一度生き直すならば、ガリ子となって受験に燃えてみたい気が起きる。

さて、上述したように、ドラマを初めて観てみた。原作とドラマのイメージはなかなか一致しないのが常であるが、このキャストは秀逸である。特に驚いたのが黒木瞳さま。私の場合、彼女のイメージは、ちょっと古いが「恋を何年休んでますか」や「東京タワー」のような年下の男性から羨望の眼差しを浴びせられる永遠の美女であった。ところがちょっと見ない間に、このようなタイプの主婦を演じられる女優になっていたのだな。彼女の演技に感心したのはこれが初めてである(笑)。

ニートの息子福原翔を演じる窪田正孝、玉の輿を狙う福原可奈の加藤夏希、そして翔の恋人、宮城珠緒を演じる美波--原作とは違うものの、観ているうちに何となくそのイメージが重なってくる。風貌含め、黒木瞳と加藤夏希ちゃんとは本物の親子のように見えてくる。

あと2回。ラストは知っているものの楽しみなドラマが増えた。

PS.「マルモのおきて」は最終回のみ観賞。毎日マンション前を通る犬がそっくり。


グリーンハート365-生えみり嬢と痩せ願望

昨年の第1回フォーラム(去年の模様は「グリーンハート365」で」に引き続き、第2回グリーンハート365フォーラムの招待状をいただき新大阪まで出かけてきた。

グリーンハート365のコンセプトはコチラ。
体温を36.5℃に保つことは、いのちを楽しみ続ける基本です。いのちとは生命力。すなわち体内酵素活性力・免疫力・基礎代謝力を100%発揮できる自分づくりのことです。ご存知でしたか?体温が1℃下がるだけで、体内酵素活性力は50%低下。免疫力は37%低下。基礎代謝力は12%低下すると言われています。また、がん細胞は体温が35℃前半の低体温を好み、不妊治療に通う女性の大半が35℃台の体温であることを。

今回の講師は近畿大学医学部教授、医学博士の松尾理先生で、テーマは「血栓予防」である。そして特別ゲストは前回に引き続きまたも辺見えみりさん。

さて、フォーラムの感想は・・・

・前回はスポンサーの某美容系食品および機器会社様から、サプリを含めたくさんのお土産をいただいたが、今回はエコバッグのみ。えみり嬢他、IKKOさん、浜アユ、ノリカ嬢らもご愛飲中(本当?)のドリンクがもらえるものと期待していたが不発に終わる。お客の入りもあまりよくない。そう言えば、最近はデパートのカウンターにいってもBAさんからサンプル商品をなかなかもらえない。エステ/美容業界も不況の風をくらっているのだろうか。

・えみり嬢。さすがに美しく華がある。クォーターであることから、その長身と腰位置の高さ、ひざ下の長さが目を引く。しかし、特にファンでもない私は2度目は少し飽きた。どうせなら叶姉妹くらいをどどーんと呼ぶ。もしくは、万田久子さんや浅野温子さんくらいのライフスタイルがちょっと気になる大物女優。もしくは、今旬のモデルさん、道端ジェシカ嬢や、ローサちゃん、知花くらら嬢など、生を拝見させていただきたい。予算上無理なのかしらん。

「ファッショニスタ」なるえみり嬢は、近々ご自身の生活を紹介する写真集&エッセイを出版されるらしい。そしてご自身デザイン&プロデュースの浴衣も持参なされた。やずやもあるし、地道に儲けてるわ。嫌みではなく、彼女は芸能界を生き抜いていくうえでとても頭がよく、それでいて普通の女の子らしい可愛らしさと素直さがある。とても見せ方の上手なタレントだと思う。

前回のときはキム兄と離婚の前だったのか後だったのか定かではない。今回は新旦那様との新婚生活を語っていた。現夫(お名前失念)はお酒も飲まないので早寝早起き、アトピーらしいので食事には気を遣い、必然的にえみり嬢もとても健康的な生活を送っているようだ。よかったねぇ、芸人妻よりもずっと幸せそうに見える。


フォーラム終了後、友人3人とモスでおしゃべり。お二人とも美容にかけては私が足元にも及ばない知識と実績がある。正直、えみり嬢の話よりはずっとためになる(笑)。そこで思ったのだが、特に日本人女性の痩せ願望って本当にすごい。えみりちゃんは全くその必要がないと思うのだけれど、MICACOのインスパイリングを始めて1年で3kgの減量を果たしたという(本物から直々レッスンを受けられるのはさすが芸能人、うらやましい)。MCの女性も

「3kg、3kgですよ! 皆様も来年には3kgスリムになって是非!」

連呼していた。いやいや周りを見渡したところ、特にダイエットをする必要性がある人はそんなにいない。一方、こっそり言わせてもらうと司会の男性と女性は「腹六分目がベストです」と言っていたが・・・。ここは大きなイベント、大事な商売の場。さすが!と思われる人を表に出さねば駄目なのでは?その点、ビジュアルを問題にされない翻訳稼業は楽である(笑)。

医者にメタボを指摘されるほどでない限り、特にエステに通ってやせようとするって正直馬鹿馬鹿しい気がする。別にサプリを飲んだり、モミ出してもらったりしなくても、ジムに通ってただちょっと歩いて筋トレ。その余裕のない人は日々の生活の中でたくさん歩いたり家で体操したりする。もちろん食事にもある程度気を遣う。地道にやってたらあるべきところに絶対に収まる。それがモデル体形でなくてもグラマラスな方が個人的には魅力的だと思うのだけれど。

本来ダイエットって健康になるための食生活で、別に痩せるための食生活ではないと思うのだ。とえらそうに言いつつも体重計の上下に一喜一憂する私でもある。この年代ともなると、痩せ願望に取りつかれないようにしたいと思う。


「恋肌」-乾いた閉塞感

ミステリや推理小説やハードボイルドは、全く知らない世界や無関係な世界でもその世界に入り込んで楽しめる。だが、純文学やいわゆる恋愛小説は、そこに部分的にでも自分を投影できなければ読んでも面白くはない。自分の感性と作者の感性とが響きあわねば、謎解きを楽しんだり知識欲を満たしたりするものではない内容の小説はつまらないだけだ。いくら他人が面白いと勧めてくれても、全く自分にはピンとこない小説も多い。

映画も同様だ。昔々「ニューシネマパラダイス」を見て号泣した私は、同僚の男性に強く勧めたところ、「何のことだか・・・」という感想をいただいた。一方、彼の勧める「ナウシカ」を始めとする宮崎駿作品に私の心はぴくりともしない。これはもちろんいずれの感性が上なのでも下なのでもない。そしてこれももちろんのこと、親近感は抱くだろうが同じ感性を持っている人を必ずしも好きになるわけではない。ニューシネを愛し、クリスティとサガンと田辺聖子を終生の愛読書にしている私と通じ合う男性などちょっと気持ち悪い(笑)。

そして、自分のステージ(年齢やら環境やら)が変われば自然とシンパシーを抱く作家も変わってくる。自分のお気に入りの作家を探すって、お気に入りの俳優を見つけるくらい難しいものだね。

昔から歳上好きだった私は若い頃サガンの「ある微笑」に心酔したが、そのうち「ブラームスはお好き」に移行し、その後「愛という名の孤独」の意味が分かるようになってきた。



桜木紫乃という作家を最近知った。余計な御世話だし、本名なのかもしれないけど、この名前で彼女は少し損をしているように思う。20代~30代前半くらいの女性が書く甘いラブストーリーをイメージしてしまうからだ。彼女は実は46歳で、私と同年代の女性である。

北海道釧路市生まれ。2002年「雪虫」で第82回オール讀物新人賞を受賞。2007年、デビュー作となる単行本『氷平線』(文藝春秋)で注目を集める。他の著書に、『風葬』(文藝春秋)、『凍原』(小学館)、『恋肌』(角川書店)。



三十歳まで女を抱いたことがない牧場の一人息子・秀一が、日本語を話せない中国の娘を嫁に迎え入れる表題作「恋肌」ほか五編を収録。がんじがらめの人間関係、息をひそめるように繰り返される男女の性愛。“新官能派”作家の傑作集。

桜木さんは、原田康子さんの文庫本「挽歌」(これも名作だ)を読んだことが読書との出合いだったと語っている。二人には北海道出身という共通項がある。同じく北海道出身の藤堂志津子さんの作品にも感じられるように、北海道を思わせる乾いた空気のようなものが作品全体に流れている。そして桜木さんの作品には、閉ざされた道東の地の何とも言えない閉塞感と虚無感が全体を覆っている。



17年前、弟を湿原に奪われた松崎比呂は刑事となって札幌から釧路に帰ってきた。その直後、釧路湿原で他殺死体が発見される。捜査を進めるうち、比呂は65年の時を経て消えない“眼”の因縁に巻き込まれてゆく。湿地に足を取られて死んだ者は、土に還ることも出来ず、永遠に水の中を彷徨っている。釧路湿原で発見されたサラリーマンの他殺死体。被害者が開けてしまったのは、64年も前に封印されたパンドラの箱だった。

「恋肌」に共鳴して、彼女の作品を何個か読んだ。驚くことにミステリもなかなかよいのだ。今後、ちょっと注目の作家である。


プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。