スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読んで、食べて、買物して

本もどうにかこうにか月10冊程度は読んでいる。紹介したい本もあったけれど、なかなかコレ!という小説に出会えないのも本当。最近朝型に転向して以降、ベッドの中に入ったら10分程度でことんと眠りにつくようになり、読書タイムが大幅に減った。それだけが朝型生活の欠点かもしれない。


ある人の作品が気に入ったら、その人の本をどんどん読み進めていくのが私流(誰でもかな)。今「結婚」が話題になっている井上 荒野(いのうえ あれの、1961年2月4日)という作家を今更ながら初めて知った。只今、荒野さんを追いかけ中。世代にも経歴にも何となくシンパシーを感じる。

小説家井上光晴の長女に生まれる。調布市立第三中学校、玉川学園高等部を経て、成蹊大学文学部英米文学科卒。1989年、「わたしのヌレエフ」で第1回フェミナ賞受賞するが、その後小説を書けなくなる。絵本の翻訳などをしていたが、2001年に『もう切るわ』で再起。2004年、『潤一』で第11回島清恋愛文学賞、2008年、『切羽へ』で第139回直木賞受賞。2011年、『そこへ行くな』で第6回中央公論文芸賞受賞。現在、トーハン発行の新刊ニュース(月刊)で短編小説を連載中。

井上光晴は知ってるよー。2世タレントってよくいるけれど、数少ない2世作家には優秀な人が多い。


今回、お勧めしたいのは直木賞受賞作「切羽へ」ではなく、こちらの2作。




何かが過剰で、何かが足りないこの世の中今日も出くわす“ばかげた”事象を宇陀川静子・七十五歳は見過ごさない―チャーミングで痛快!直木賞作家の最新長篇小説。


75歳の老女が主人公と聞くと、何だか暗かったり説教くさかったりするかと思うかもしれないが、このヒロイン静子さんがものすごくチャーミング。あらすじ自体もどんでん返しや大きな出来事があるわけでもないけれど、心にスーッと染み込んでくる。理想的すぎるきらいもあるが、こんなふうに歳をとれたらいいなと純粋に思う。スポーツクラブに通っている様が自分とちょっとかぶるせいもある。爽やかな気分になりたいときにお勧めの一作。




東京の私鉄沿線の、小さな町のささやかな商店街の中に「ここ家」がある。こだわりのご飯に、ロールキャベツ、肉じゃが、コロッケ、ひじき煮、がんも、あさりのフライ、茄子の揚げ煮、鯵のフライ・・・・・・、「ここ家」のお惣菜は、どれもおいしい。オーナーの江子は61歳。友だちとダンナが恋仲になってしまい、離婚。麻津子は、60歳。ずっと想いつづけている幼なじみの年下の彼がいる。一番新入りの郁子は、子どもにもダンナにも死に別れた60歳過ぎ。3人は、それぞれ、悲しい過去や切ない想いをいだきながらも、季節ごとの野菜や魚を使い、おいしいお惣菜を沢山つくり、お酒を呑み、しゃべって、笑って、楽しく暮らしています。


こちらも主人公は皆60代の女性たち。ともかく何がいいって、出てくるお総菜がいい(笑)。こんなお総菜屋が近くにあれば絶対に通うわと断言する。田辺聖子女史も食べ物の描写がものすごくうまいが、井上荒野女史もそれに匹敵する。空腹時に読むと、本当にお腹がグーっと鳴ってくる感じ。


食べることと、恋(愛)することと、生きることって、結局は直結してるのかな。人間の根源的な欲望だから。私には、飲むことと、買うことがこれに加わるけど。






スポンサーサイト

CONGRATULATION NAIL♪

今回のネイルは、近々出席の結婚式仕様でちょっと派手。マットなベージュとシャンパンゴールドのラメの逆フレンチを組み合わせてみた。


201206ネイル


ま、単なるゲストであるのだけれど、きちんとお洒落していくことも新郎新婦への礼儀ってことで。

着ていく洋服はまだ悩み中・・・もしかして近くブログに候補を載せてみるかも。親族(母、姉、他の姪たち)は皆着物なんだよね。さすがにそこまで準備できないものの、ちゃんとした格好しなくてはならないだろうか?



T教室第1回-2012年はExtrovertで

昨日の話の続きのようになるが、Introvert寄りの私だが今年は少しばかりExtrovertな面も開拓しようと思っている。それは性格ばかりではなく行動面でも。半径500mの中で生きる猫族にシンパシーを感じつつも、

「あちき、どこへでも行くよ!」



G PRESS1



とお出かけ大好きなノワ(対犬にはintrovert、対人にはextrovert)のように行動範囲の拡大を狙っている。こんな私だが、昔は年1,2回は海外旅行するアクティブな人間でもあったのだ。

そして、とりあえず、翻訳の勉強関連のセミナーも続けざまに6本(6日)申し込み、支払いを済ませた。6月、8月(2回)、9月、12月、3月である。さすがにお金がもったいないので出かけることになるだろう。

その1回目の先週土曜日。技術英語の翻訳に関わっている人ならご存知であろう、業界の重鎮のT先生のセミナーに参加してきた。T先生は東京ではもう30年(!)くらい教室を開いているようだが、関西では今回がまだ3年目である。毎回できるだけ新しい内容を採り入れているらしいので、リピーターも多いと聞く。

初参加だから緊張するなー。先生厳しいかなー。抜き打ちテストちっくなものもあるらしいから恥かくなー。などと思って参加したけれど、いざ教室に入ってみると(約20人)、見知った顔もちらほら見える。やっぱ業界って狭いのである。話をしてみると、間に3人、多くても5人くらいかませれば皆知り合いのようなものである。


な、なんとこのブログを読んでくださっていた方とお話しする。今日の着せ替えで洋服がばれていた(汗)。 嬉しいサプライズ。声かけてくれてありがとうございました!


内容については詳細を省くが(そこ、本来は皆さまが知りたいところだろうがご勘弁を)、今までの英訳の取り組み方が甘かったなとまたもや思い知らされた。学ぶべきことはまだまだ多く深く、天の上のT先生ですら今もって日々勉強を続けているのだ。いつも思うけれど、大先生と称される人は、偉そうな上から目線のオラオラ系の人はあまりいない。おしなべて謙虚であり、様々な人を受け入れる度量の広さと公正さを備えている。その後の懇親会にも参加して、アルコールを入れて勉強方法の奥義の一片をさらに伝授してもらった。ほとんどの生徒が参加したため一部の人としか話せなかったのが残念。でもあと3回講義が残っている。

仕事に追われるのが嫌になってリタイア後ののんびり生活を夢見ることもあるのだけれど、こうした立派な先輩にお会いすると、定年に関係なく、自分なりのペースで仕事を続けていくことも可能(と思っているだけかも)な仕事を持っていることがありがたく思える。「外へ」出て刺激を受けることってやっぱり大事。Extrovertの最大の利点である。


8月はこれまた超有名なK先生のセミナーに出席予定。KYOKO、頑張って夏を乗り切ろう。


IntrovertとExtrovert

英語の勉強というにはおこがましいが、4月からNHKの語学番組をちょくちょくチェックして見るようにしている。その中でも特に気に入っているのが下記の「スーパープレゼンテーション」。

「スーパープレゼンテーション」
スティーブ・ジョブズのようなスピーチがしたい!海外のクライアントにビシッとプレゼンしたい!自分のアイデアをたくさんの人に伝えたい!そんなあなたに贈る、4月からの新・語学教養番組。

世界が注目するアメリカのプレゼンイベント「TEDカンファレンス」。会場には文化・芸術・科学・ITなどの最先端を行く「いま世界を変えようとしている人たち」が次々と登場し、エネルギーと驚きに満ちた渾身のプレゼンを披露する。番組ではその極意を英語で学んでいく。



プレゼンテーションの練習を十分に積んだ出演者のスピーチであるため、カツゼツも話すスピードもよくて英語が聴き取り易く、私程度のヒアリングの練習にはぴったりである。もちろん内容も選び抜かれており英語の勉強を抜きにしても非常に興味深い。今週のプレゼン「内向的な人のパワー」は、今までのプレゼンの中でも3本の指に入ると言ってよいほど面白かった。


スーザン・ケイン「内向的な人のパワー」(Susan Cain: The power of introverts)
世の中の人の実に3分の1、あるいは半数が内向的な性格である。ガンジーも、ルーズベルト大統領も内向的な性格の偉大なる指導者だった。外向性が学校や職場で重視されてきたアメリカ社会では、内向的な人の静かなる声にもっと耳を傾けるべきで、グループでの共同作業ばかりを強制するべきでないと訴える。





Introvert(内向的な人)とExtrovert(外交的な人)。恥ずかしながらこれらの言葉を初めて知った(おい!本当に翻訳者か!)。

元弁護士の彼女の著作は米国でも話題となり注目を浴びているらしい。彼女の言う通り、特に米国では近年、内向的な人間よりも外交的な人間を生みだすことに力が入れられてきた。twitterやfacebookに代表されるように外向きなcommunication toolはどんどん発展しており、自分という人間を他にアピールする力が多くの場面で試される。じっくりと思索し、外的刺激をさほど求めない内向的な人間は、「イケてない」グループに嵌め込まれる傾向がある。

ただ、ケイン女史の言うように、流暢に語る話上手な人間の言っている内容が実はあまり実のあるものではなく、その人自体「残念」な人であることは多々ある。私自身は外交的な男性よりも内向的な男性に惹かれることが多いので、このプレゼンでうなづく箇所がたくさんあった。もちろんバランスが必要で、100%introvertであれば単なる引きこもりなのだけれど。企業の管理職はextrovertよりもintrovertが向いているそうだ。extrovertはついつい「仕切り屋」になって自分の意見を部下に押し付ける傾向があるのだという。

shyとintrovertの違いも面白かった。ともあれ、翻訳者がintrovertに偏っていることだけは間違いない。今までのキャリアの中でずっと広報畑を歩いてきた友達に言わせると、「人と1日しゃべらずに仕事をするってありえへん!」らしい。いや、毎週のように新しい人と出会う仕事の方がありえへんし。片頭痛が頻発しそう。



6月11日に再放送があるので、興味のある方は是非。来週はビル・ゲイツだよ!



プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。