スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WIN-WINって何でしょう

6月30日。2013年上半期が終わりです。土日に仕事をするのは辞めようと思いつつ、金曜日の夜、楽しく帰ってきたら「悪いけどなるべく早く対処してね」の意のコメントと共にファイルがこそっと1件届いておりました。でも、このクライアントは支払いも恐ろしく迅速で(1週間以内)、しかもレートも言い値という、頭を向けて寝られない超良取引先であるため、断ったことは1回もありません。

よって、本日、日曜日もゆるゆると仕事中です。上半期、自分なりにはかなり頑張ったので、下半期はもう少し家族サービスに力を入れたいところです。夫よ、あなたもね! 「本末転倒」は自分に常に言い聞かせている言葉。私にとって仕事は大事な柱であるけれども、一方では生活を楽しむためのお金儲けの道具。実親含め、仕事=趣味=楽しみという人もたくさんいて、それが羨ましくないではないけれど、仕事が生活の半分を超えてはならないと思っています。小金稼ぎ(笑)に振り回されない(振り回されがち)ようにせねば、本末転倒、本末転倒。



6,7年前ほどにほとんど節税目的で法人成りしたところ、予想外にも同業者以外からの仕事上のお誘いを受けることが増えました。いわゆる異業種交流会というものです。物珍しく、たまにお誘いに乗ることもあります。最近は同業者とのおつきあいが少し増えてきてあまり出かけていません。同業者の集まりもコアな話ができて本当に楽しいのですけれど、異業種の集まりもまた刺激を受けるという意味で新鮮で楽しいものです。特に同年代の女性の自営業者に出会うとなんだか嬉しくなります。


お好み焼き若竹
(昨夜は「お好み焼き 若竹」で翻訳者さんたちと。久しぶりのお好み焼き、美味しいよー)


(ここで書くことは私の個人的感想で、特定の会や人々の評価だとか可否だとかを述べるものではありません。批判とは取らないようにお願いします・・・)。


でも、異業種交流会を、主に営業の場(最終的には大多数が営業でしょうが)と捉え、頻繁に様々な会に顔を出し、宣伝をする人も多いことは事実です。フリーランスの世界では当たり前といえば当たり前なのかもしれません。仕事を得るとっかかりとしては良いと思います。デザイナーや物作りの方々であれば作品を見せて自分の力を喧伝することができるでしょう。翻訳はまず無理ですね(悲)。そういう仕事の取り方は百に一も成功しないでしょう。

最近お誘いを受けた会は入会が一業種一人に限定され、その会の中で顧客を紹介し合う形態なようです(世界的にも有名でかなり大きな組織みたいですね)。でも、その会に参加して何度か顔を合わせるうちに人間性だとか、仕事の内容などはだんだんと理解できてくるとは思いますけど、その人の力量を見極めるにはビジネスとしての冷静な目が必要なはずです。それを割り切って評価できるのか、また仮に仕事を依頼もしくは他人に紹介して、予想した結果が得られない場合、その後はどういうスタンスを取るのか、果たしてこれはWin-Winの関係を構築するbestまたはbetterな方法なのかという疑問が沸いているところです。そもそも一業種一人に限定することで、切磋琢磨したり、競争したりする機会が失われるのではないかと想像します。


ちなみに同業者の集まりでは、直接的に「仕事ください/仕事ありませんか」的な話はほとんど出てきませんね。長い期間、一緒にお仕事や勉強をさせていただくうちに、自然と仕事を紹介し会う機会はもちろんあります。そして、これまた当然ながら、同業者が同業者のレベルを見る目は厳しいものです。だからこそ生半可に仕事を紹介し合おうという話にはならないのでしょう。


こういう世界には不案内なもので、いやいや違う、コンセプトのとらえ方が間違っている、というご指摘を受けるかもしれません。今のところがんがん営業をかける予定はなく、勉強しつつ、少しずつステップアップできればいいなという甘いスタンスで仕事しているので、こうしたお誘いには都合があえば物見がてらで見学してみようと思います。

さて、午後のお仕事に入りますね。



スポンサーサイト

井戸の中から

神様はいるのか、月末までの納期のシリーズ物が,蓋を開けてみると重複部分が多くて予定よりも順調に進んでいます。そこで勉強時間を増やせばいいものの、なぜか夜更かし癖がついて、午前中はだらだらと過ごす毎日。

年甲斐もなく映画の「モテキ」(遅っ!)を観て面白かったので、ドラマの「モテキ」一挙放送をまさに一挙観しつつ、睡眠不足に拍車がかかっています。森山未來くんはロンドンブーツの敦似ですね。角度によっては瓜二つです。若手俳優の中では、今までにあまりいなかった顔立ちというかキャラ立ちで、コアなファンがいることを想像させます。



話変わって、例の「ミズトラの会」で秋のITセミナーの企画進行中です。今回は某有名翻訳者のTRADOS講座と翻訳ソフトの「対訳君」講座の二本立てで、時間と日程の都合がつけば、TASK管理/翻訳者のスケジュール管理をITアプリと絡めて企画するつもりです。IT翻訳者ならずとも、PCの使いこなし術は今や翻訳者には欠かせない要素でしょう。「言葉」ってファジーなものだから「機械」とは相容れなくって--、昔ながらにじっくりと一文一文に向かい合いたくって--という気持ちがないではありません。でも、作家ですら、原稿用紙に万年筆という人は少数派ではないでしょうか。効率化によるスピードアップに限らず、訳抜けや表記ゆれをなくすという校正機能が実現されることもPCツール活用の大きなメリットです。


偉そうに言ってますが、ご存じの通り完全なアナログ派です。アナログ派だからこそ、得るものが人より多くお得なのです。自分のやりたいことを企画して人を巻き込み実行する、まさに公私混同を地で行っています(笑)。


セミナーをこのように細々と企画したり、また様々なセミナーに参加させていただいたりして,ますます思うことは,翻訳ってそれ自体が独立した業界ではないということ(当たり前すぎるくらい当たり前のことですね)。翻訳を発注してくれるクライアントは、本当に多種多様、多岐にわたっています。「英語(or多言語)」という括りで考えたらさらに広く。

そのため、仕事の速度も量も質も、向上させるには、翻訳テクニックを学ぶだけでは不十分かもしれないなと感じています。翻訳を必要とする新たなマーケット、翻訳に限らない新たなディジタルツール、そんなものにも、仕事の合間に目を向ける余裕が出てくればいいなと思っています。いやいやもしかして翻訳以外にも? 先が比較的短かくなってきた私なのですけれど、これは私だけでなく、実は当「○○家」のテーマなのかもしれません。

「井の中の蛙」のような生活を日々送っているけれど、気持ちまでが「井の中の蛙」に染まってしまわないように、異業種の友達や、同業種のフレッシュな仲間から、新たな刺激を受け取っていきたいです。




GLOSSY BOX (2013年6月度)

もうとっくにご存じの方も多いと思いますけど、最近になって「GLOSSY BOX」を継続購入しています。

*GLOSSY BOXとは
店頭でサンプルを無料でお配りしているブランド様も多々あると思います。しかしながら、知らなかったブランドのカウンターに行く機会がない方や、行ってみても様々な製品がある中どれを使えば良いかわからないという方も多くいらっしゃいます。それは時間がないためだったり、化粧品の情報があまりにも多いため、自分が必要とする情報を見つけることができなかったり、理由も人によって異なるかと存じます。また、「これまで高い商品を買ってみたけれども、使ってみたら自分に合わなかった」という経験はございませんか? 私たちGLOSSYBOXは、私たちが選び抜いたプロダクトを直接お試しいただいて、本当に自分に合う商品に出会っていただきたいと考えています。


フリーランスになってから,アフター5に百貨店をぶらつくことも圧倒的に減り、新たなコスメ等を試す機会が減ってしまいました。職業柄、メイクに関してはノーメイクか薄めのメイクが多いのですけど、コロンやボディケア用品等、集める(使うんじゃなくて?笑)のは昔から好きです。でも最近は上記の理由から研究心が失われつつあります。

そのため、少々の動機づけを理由に、GLOSSY BOXを届けてもらうことにしました。6月度はできれば夏向けコロンが入っているといいなぁ・・・。

と思いつつ、本日届いた商品はこちら。


glossy box201306(2) glossy box201306


今回は、夏に向けての脚を中心にした商品のようです。まだペディキュアを施していなかったので、RED系ラメのネイルは嬉しいです。でも脚用のファンデーションはトライアルでなく現品ですけど使うかどうか・・・。後は化粧品の1日分の試供品とミストウォーター。

今月の戦利品(送料込み1500円)は,私にとっては今ひとつかなという印象ですが、「ペディキュアしなくちゃ」と思わせてくれたのはありがたいのでしょうか?

今年いっぱいくらいは試してみるつもりです。またレポしますね。




ミドル世代が思うこと

コンフェデ杯は地球の裏側だから始まりが深夜。忙しいけど世界のトップの試合だからやっぱり見ておかなくっちゃと思う一方で、相変わらず仕事も押し押し。でも、細切れでもちゃんと睡眠を取って、ジムで軽く運動して、栄養に気を配って、できる限り体調管理に気をつけています。若いときなら勢いで押し切れるのですけれど、もう無理は利きません。


世界代表の試合は内容も格段に素晴らしく、わくわくの毎日です。そして、試合自体だけでなく、面白いのはトップレベルのアスリートが語る言葉。試合前や試合後のコメントや、特集番組、特集雑誌などで選手が漏らす言葉には一流ならではの含蓄があります。サッカーという世界だけでなく、人生全般に参考になるような言葉。


イタリア・セリエAで活躍中の長友選手。高校時代は無名選手で、大学時代はヘルニア発症でベンチ入りすらできず、スタンドで太鼓を叩いていた--そんな日々を過ごす中でも、実は世界一になるという夢を抱き続けていたのだそうです。

本田選手も言っています。メッシやロナウドのような天才選手が世界一になるなら普通。でも、この僕がワールドカップで世界一のストライカーになったらどうですか?世界中の子供たちに夢を与えられると思いませんか?


そう思うと、世界はいうまでもなく、日本有数の翻訳者になろうなどとは思っておらず、プロと認められる程度の本物の実力を身につけたいという私の目標などささいなものでしょう?努力次第でもうほぼ可能だと言っていいんじゃないですか(笑)。

せめて10年前からちゃんと勉強を積んでおけば良かった--とは業種問わず、周りの40代、50代の女友達たちが言う台詞。なぜかこの世代になると勉強したい意欲が高まるようです。まさにその通りです。やはり、20代、30代は、恋愛やらデートやら旅行やら、既婚者であればこれに加えて育児やらでいっぱいいっぱいです。体力もまだ有り余っており、余暇を勉強に充てるなどもったいないと趣味や遊びに費やすのはこれはもう自然の摂理でしょう。煩悩は簡単には静まってはくれません(私だけ?)。逆ならば、あー、若いとき遊んでおけば良かったと思うはずなので、それはそれでいいという気もします。


そして、何となく子供の手が離れ、出歩くだけの体力がなくなってくる頃、勉強したいなぁと思えてくるのかもしれません。残りの人生が短くなってきたという焦りもあるのでしょう。ただありがたいことにサッカーなどの体力勝負の世界と異なり、翻訳はまだ伸びしろがある世界です。尊敬する先生方は60代、70代、さらには80代でも活躍しています。


ほら、一流の翻訳者になるなんて意外と楽な道のりかもしれませんよ(笑)。「宣言効果」という言葉が某所で流行っているようなので、私も吹かしてみました。


PS.でも当然「宣言」だけでは駄目なので努力もしなければなりません。とりあえずコンフェデが終わったら、朝勉に再チャレンジしましょうか。



プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。