スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベストバランスはどこに

飛び込み案件で約2週間で4万words。さすがにちょっとキツい。その間も小仕事が入ってきて残業が続いている。しかし忘年会?だけは外せない(笑)。ご無沙汰している友達とも1年に1回くらいは会ってじっくり話したいよ--というのが私にとっては忘年会の趣旨で、大事な行事なのだ。

さて、私の会社は12月を決算としている。年末のバタバタに加えてそちらも気にかかる。今年は反省し、少しずつ準備を前倒ししようと税理士さんのところへ11月までの書類を持って訪れてきた。

ざっと計算してもらったところ、今年の売上げは昨年よりは少し落ちるかもしれないが、自分なりのノルマはこなせたように思う。一介のフリーランサーが会社を畳むことなく仕事を続けてこられたことに感謝する。ついでに年末年始の恒例として、どのようなビジョンを掲げるか考えてみた(残念ながら実現しないことの方が多い)。

波はもちろんあれど、ありがたいことに仕事が手元になくって焦るということは1年を通じてほぼなかった。心身に不調を来すほどギュウギュウに仕事を詰め込むつもりはないので、これまで通りフルタイムの会社員±(朝が遅いからマイナスか?)をベースとしたい。そう思うと収入を上げるには必然、仕事の単価を上げざるを得ない。


これは実に難しい選択で、どの業界でも同じと思われるけれど、高い対価をいただくには高い成果物を出さねばならない。一流料亭の板前とファストフードによくなぞらえられるが、私の感覚としてはオートクチュールとユニクロ等のファストファッションである。ファッションの舞台裏が好きなのでその手の番組をよく見るが、オートクチュールのデザイナーが仕事に求めるクォリティは想像以上で、ミリ単位のセンスが要求される。その結果、素晴らしい作品と対価が得られるが疲弊度は相当のものである。しかし達成感や満足度も相当である。


私自身は自分の実力がそこに到達していないことも、まず到達しないであろうということも分かっている。かといって努力しないというわけでなく、同じことをルーティンとしてこなしていくだけでは業界からこぼれ落ちていくだけだということは承知しているので、自分なりに勉強し新しいものを採り入れようとは思っている。


翻訳業界も他分野と同様、価格破壊の波は訪れ、専門職だからそれには全員断固として立ち向かわねばならない、という主張も分かるものの(価格破壊の波に乗るのは自分で自分の首を絞めることだから)、世の中の需給バランスは決して無視することができない。お洒落な人間は全身、ブランド服やセレクトショップの服でまとめるだろうが、ユニクロやZALAで十分という人々も腐るほどいるだろう。裏地のついていないようなぺらぺらのワンピース、1シーズン着れば毛玉が沸いてくるセーター、しょっちゅう人とバッティングするコート、でもそれを必要とするマーケットは確実に存在する。百均ユーザーのように。


話を戻そう。冒頭の4万wordsの仕事はまさにファストファッション寄りだろう。私にとってはこれも大事な大事な仕事であり手堅く確保しておきたい。ただ1ミリ単位のクオリティで仕上げようと思ったら寝る暇はないのでマクロやツールを活用しつつ効率化に重点を置く。一方で、オートクチュールとは言えないが、街の仕立屋さんのように、一から簡単に型紙書いて、奥さんの背格好に合わせてお作りしますよん、くらいのお仕事もいただいている。ものすごうまくすれば1週間で同じ対価を得ることもできる。ただ相手が求める、そして自分が理想とするレベルに合わせようとするばするほど疲弊度も高まり効率も悪い。


いったいこの割合、ベストバランスはどの辺りにあるのだろう。がむしゃらに仕事をこなしていた時期を超え、この何年も同じことを試行錯誤しているような気がする。仕立屋さんの横にお客さん用のカフェをオープンする(笑)というような兼業スタイル等を含め、どこかにきっとbreakthroughがあるのだろうと期待しつつ、自分の覚悟や心持ちさえ日々単位で変化する。また、○○家、一家全体で取り組むプロジェクトかもしれない。


とりあえず、さらなる脱税ならぬ節税を税理士さんと話し合ってきた。現在も法人名義で2社の保険に入っているが、これに「小規模企業共済」をプラスした(詳細はHP参照)。この共済の美味しいところはなんと掛け金が全額所得控除されることである。MAXなら月額70000円、つまり年間84万円の経費が生じるのだ。これだけの経費を使うのは至難の業だということは皆さんもお分かりだろう。節税額もHPで試算可能だ。節税も収入アップの一手段である。

共済


大物案件がすめば、この辺のことも是非同業者と語り合ってみたい。




スポンサーサイト

一生太らない身体作り??

20代→30代→40代と、一応体重は+3kgほどの増加にとどまっている(結婚直後1年あまりの専業主婦時代、暇すぎてストレスで8kg激太りした時代を除く)。しかしながら体型は重力に応じて見事に異なっている。レオタード(爆)を着て踊っていた姿はどこ?

体重自体も昔はコントロールが楽だった。激太りして、慌ててスポーツジムに入会し、レッスンを受けている間にするすると元の体重に戻った。30代も「食べ過ぎたなー」と感じると、連続してジム通いすると2,3日で元に戻った。ところが40代になると当然ながらそうはいかない。基礎代謝が落ちている上に体力もグンと落ちた。ジムは友達にも会えるし、行けば行ったで楽しいのだけれど、腰を上げるのが億劫。折角たどり着いても下手するとストレッチとサウナで終わる有様。レッスン1本出るにも気合いが必要だ。1日で楽々1kg増えることがある一方で、1kg減らすのは1週間でも常に難しい。不思議でたまらない。

*食事制限はするつもりなし。糖質制限は嫌。お米は大好きだし日本酒も好き。

手っ取り早く体重をキープするにはやっぱりRUNだと、ここ1,2年は走る楽しさに目覚めた。でも残念ながらRUNも自分との戦いである。ちょっと走らない時期が続くとすぐに走れなくなる。無理して走ると膝を痛める。そしてボディメイキングや筋肉をつけることには(私の場合特に)全く役に立たないのだ。走り始めてからも筋肉量はほとんど変わらない(IN BODYにて計測)。

この夏、いつもなら1,2kg体重が減るところが逆に1kg程度増え、秋に入って言うまでもなく微増傾向に入り、理想の体重/体形から少しずつ遠ざかりつつある。見た目はさておき、お気に入りの洋服が苦しくなってくるのは悲しいことだ。ローライズの上に乗っかった腹肉。欧米ではラブリングと言ってセクシーだと思う人もいるらしいが、お腹だけはあまり肉のつかない体質だった私にはいささか辛い。


イントラさんや他の人々からも口を酸っぱくして言われ続けてきた台詞--

「筋トレしないと!」


本当~に筋トレが大嫌い。ピラティスでインナーマッスルは少しずつついてきているような気がしないでもないが、基礎代謝量を上げるまでには至らないことは明かである。何とか最小限の努力と時間で筋トレし、筋肉をつけられないか調べた結果、こちらにたどりついた。


 


「スロジョグ」は実践しているけれど「スロトレ」はこれまで知らなかった。スロトレ推奨者、石井某氏はその分野ではとても有名なようで、著書が何冊も出ている。ご存じのようにトレーニング系DVD収集(観賞用w)が趣味である私はDVDならびに本をまとめ買いしてみた。これらを読んでみると、さすがに筋トレしなきゃという気持ちになってくる。3ヶ月で成果が現れてくるらしい・・・。


長くなりそうなので、本日はこの辺で。




大先生と一問一答!

昨日は夏頃よりちまちまと画策しておりましたK先生の翻訳セミナー。超多忙な先生のスケジュールをようやく1日だけ空けていただき、東京からお招きしました。参加者はいつものミズトラの会メンバーです。

今回は折角のミズトラ主宰ですので趣向を変えて4時間もの間、Q&Aオンリー! 事前に参加者から質問を募って全員の質問30数問すべてに答えていただきました。翻訳をしていると、同じ分野であれば、ほとんどみんな同じような問題や悩みにぶつかります。その解決の糸口を探ると同時に、ああ皆も同じく悩んでいるのだなということを知り、少しだけほっとしたりもします。

もちろん翻訳というものには「絶対解」というものは存在せず、その背景や文脈、コンセプト、様々な観点からいろいろな文章が成り立ちます。それに読む人の嗜好やレベルも加わって、百人百様の表現が生まれてきます。その中からその場に最適なwordやsentenceを探し出す--一種のパズルのようなものですね。

キャリアや年齢が通用しない実力だけの世界なので、先達に学ぶことは多いですが、私よりもずっと若くて優秀な方々からも刺激を受けます。その日だけはさすがにもっと勉強しなきゃ!と強く思うのですけれど、それが持続しないのが辛いところです(苦笑)。


とりあえず、頭を酷使した後は例によって打ち上げ。今回は会場をそのまま利用して、差し入れと会費1000円でデパ地下グルメを買いそろえ、アットホームなものにしました。やはり阪神デパ地下クオリティ高っ。



倉増セミナー2


私はおうちにあったスパークリングを差し入れしました。こちらシャンパーニュではありませんが、お値段の割に繊細な味で気に入っています。評価もなかなか高いのでお試しあれ。

ヴィトー・アルベルティ・クレマン...

ヴィトー・アルベルティ・クレマン...
価格:2,604円(税込、送料別)



教えていただいたこの限定ビールも旨っ!です。ホップの香りがふっと浮かぶ感じ。飲みやすくて箱買いしたくなりました。




次回のセミナーや他の会も少しずつ準備中です。またご一緒できますように。


Oh! French!-髪にも爪にも顔にも

ジムは身体を鍛えることが言うまでもなく主目的でありますが、それ以外にも様々な情報の宝庫なのであります。イントラさんはじめ健康オタク(笑)が多いのはもちろんのこと、医療関係者も多く、身体面での貴重なアドバイスを時に与えてくれます。

そして美容系の情報もいつもいただいています。その場で使わせてもらうこともままあったり。きちんきちんとエステに通っていらっしゃる有閑マダムの首は美しいものですね。でもそんな余裕のない私は、家でできるヒントだけを参考にさせてもらいます。娘さんのいるジム友K嬢の情報はさすが幅広く、特に彼女のお勧めは外れなしなので、いつも後追いしています。

継続できているか否かはさておき、マッサージオイルは大の好物。家庭用とジム用は常備しています。最近パーマを続けざまにあてたので髪の乾燥が気になるわ、といったところK嬢がお勧めしてくれたのが全身に使えるというコチラ。

「nuxe(ニュクス)」のプロディジュー オイル。

顔・髪・体を1本でうるおすマルチユースオイルは、30%植物オイルを配合しながらもパラベン・シリコン・防腐剤フリー。シンプルで効果的でありながら、心地よい香りと使用感が楽しめることから発売から20年以上たった今でもニュクスのベストセラーとして世界60カ国で愛されています。


フランス製なので香りが強く、ちょっと癖がありますが私は好きな系統の匂いです。これをプレシャンプーとして使ってもよいし、ドライ時に少し馴染ませておいてもよいです。


初めて今のネイルサロンに通い始めた頃、爪がちょっと弱っているかも--と指摘されました。爪は身体の一部で健康状態が実に如実に表れます(足の爪などは特に)。それ以来、まめにハンドクリームを塗り、ついでにオイルももみ込むようにしています。指は短くてコンプレックスなのですけど、せめて手触りよく清潔感だけは出るように心がけています。

友人はこれを顔に使い始めて、随分肌が柔らかくなったと言います。彼女のお勧め化粧品はまだまだあるのでそのうち少しずつ・・・。




友達はちゃんと阪急でお買い上げしておりますが、私はやっぱり楽天様。日本一セールで今日もポチ中。定価5500円弱のニュクスオイルも3000円台です。


今年の冬の乾燥をこれでのりきりたいと思います。


プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。