「ゆのくに天祥」(II)-旅館の神髄

旅館について一服した後、最初にしたのが温泉卵作り。サービスの一環で一人1個ずつただで作ってもらえます。その他、冷製デザートや焼きたておいもさんなどのサービスもあります。家族向け旅館のいいところですね。温泉卵は30分くらい温泉に漬けておくことでできあがります。


ゆのくにてんしょう2 ゆのくにてんしょう6


二日酔と恋の病の共通点は? 恋の病からは長く遠ざかっています(笑)。

そして、当然ながら、旅館の神髄はお食事と、そしてお風呂。「ゆのくに天祥」の館内のお風呂は三箇所で十八湯巡りが楽しめます。温泉が充実していたのがこの宿を決めた理由でもあるのです。

ゆのくにてんしょうお風呂1
ゆのくにてんしょうお風呂4

HPからお写真お借りしました。この写真通りの素敵さで十八湯すべて紹介したいくらいです。お風呂の中であかすりエステやマッサージも頼めます。極楽極楽。私たちみんなは外で整体を受けましたが(その話は後で)。

ゆのくにてんしょうお風呂6
ゆのくにてんしょうお風呂2


少し驚いたのがお風呂のお客さん。背中や肩に大きくタトゥーの入った女性客が散見されました。私はこれまで旅館等でタトゥーを入れた方を見かけたことはないかと思います。少し気になったので聞いてみたところ、お風呂の前に「入れ墨/タトゥーを入れたお方の入館はお断りしています」と表示してあるとのこと。

なお、私自身はタトゥーの是非については中立派かと思います。一時代昔ながらピアスを入れるなんてもしかしたらビッチ(笑)扱いであったかもしれません。私はピアス派です。タトゥーを入れることが習慣化されている民族ならばどうでしょう。タトゥーも自己主張の一種であり、それは個人の自由に他なりません。

ですが、それを不快に思う客がいて、それを尊重した旅館がタトゥー客を排除しようとするのも受け入れ側の権利であり、それに抵抗することはできません。タトゥーを入れる時点で、それなりの不都合を享受するものと覚悟しておくべきでしょう。ただし、通報する客もなかろうと想像するので、実質上黙認なのかもしれません。タトゥー自体は悪でも善でもなく、習慣や歴史や様々な要因が絡んでくる問題ですね。


話がずれました(汗)。次回がレポの最後の予定です。もう少しだけお付き合いください。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる