「はなせ」--住宅街の中のオアシス

1月に仕事に励んだ分、2月は新年会ラッシュです。第1弾はジム友たちと。同業者のお付き合いや、世代を超えた趣味のお付き合い、それもとても面白いのですが、同級生同士が集まるのも話がツーカー(笑)で特別な楽しさがあります。心身の悩み、家族のこと、昔の思い出、そんなことが重なり合います。今回のお友達は地元関西人ではなく各地方から関西にやってきた人が大半で、そういうところも何となくシンパシーを感じる所以なのかもしれません。北摂は転勤族や地方出身の人が多く住むところですから。


場所は「はなせ」。北摂では知る人ぞ知る和食の名店ですね。住宅地の真ん中にぽっかりと現れる風情のある店構え。お昼も夜も大抵満席で予約なしではなかなか入れません。

はなせ3

今回は2階の座敷に通されました。個人宅に通されたような暖かな雰囲気のしつらえです。飾られている花やアンティークな家具、すべてに店主の趣味が存分に生かされています。こういうところも人気の秘密かも。


はなせ1


会席コースを予約しました。

先附/八寸/御造り/焚き合せ/焼き物/蒸し物/揚物/御飯・香物/椀物/コーヒーとデザート

はなせ4

大好物のあん肝!美しい八寸にテンションがいきなり上がります。


はなせ5

炊き合わせがいかに面倒なものであるかはお料理をする人ならご存じですね。すべての食材を一つずつ別に味付けして煮るなんて普段家では作る気になれません。今回の面々は毎日家族の食事を作り続けてきたベテラン?主婦ですので、ある意味感動もひとしおです。やっぱり和食が一番ですわ。


はなせ6 はなせ2


そしてなんといっても嬉しいのがお酒の種類の豊富なことです。ビールの後は焼酎と日本酒にチェンジ。今は廃番になってしまったような入手困難な焼酎にも出会えます。曰く、この近辺では他の店とも被らないような品をあえて取り寄せているとのこと。嬉しくて、熱燗と冷酒と続けざまに頼みましたが、その度毎に一人一人違うおちょこを選ばせてくれるのが粋ですね(焼酎は切子ガラスでした)。

友達の出身地に合わせて佐賀のお酒で乾杯。そしてみんな口を揃えて気に入ったのが青森のお酒、田酒。マスターが、はなせを開店してから是非お客様に飲んで頂きたいと言う気持ちで探し求めたという青森の地酒です。


今年もまた何度も訪れたいな。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる