人生の午後二時に

50代をどのように迎えて過ごすかが最近のテーマとなってきました。昭和22年の平均寿命は52歳だというから、戦前ならばそろそろ死んでもおかしくない歳なのです(笑)。

「50代は人生の午後二時」

という言葉を時折聞きます。遠出はもう難しいけれど、買い物やお茶に出かけたり、映画を見たりするくらいなら支障の無い時間。元々午前中は強くないので2時はいい時間帯です。決して比喩ではなく、早起きして一日を目一杯使う気力体力が衰えてきました・・・。


最近個人的には、50代って人生の帳尻が合う、というかこれまでの人生の答えが出てくる時期だなぁと感じます。子沢山で、娘や息子とお出かけ三昧、私の姉のように早婚一家であれば孫も産まれて若いおばあちゃんとして孫とふざけ会う、そんな光景を見るともちろん羨ましくないわけでもなく、ほんのりと寂しさを覚えることもあります。

ただ、それは自らが多くのことを犠牲にして(犠牲とは思っていないでしょうが)、家族のために心身と時間とお金を費やしてきた結果です。子供でなくても家族のために身を尽くした人は、様々な意味でそれだけの見返りがあるでしょう。自由を享受した人は同程度の孤独も享受するのが必須でしょう。


その一方で、新婚の専業主婦時代の約1年を除き、大学を卒業してから延々と、大きく分ければ物書き関係で数十年を働き続けてきた結果も、今その答えが何となく出てきているように思えます(我ながら飽きもせず働き続けたわ・・・)。もちろんフリーランスの浮き草稼業なのでいつ何時仕事にあぶれるかは分からないのですけど、気がついてみれば二足のわらじ、完全フリーランスへの転身、法人化しての(一応)社長業を経て、仕事が入らない、どうしようと困った経験はほとんどなく、今は一つのクライアントが切れても、またどこからか別のクライアントと知り合える、そういう流れができています。それはこつこつと20代、30代、40代と仕事に費やしてきた時間と労力の一つの結果なのかもしれません。珍しく自画自賛です。でも本当に水物なので内心はビクビクです。 


中高は体育会系、卒業してもスポーツジムを止めた時期は多分合算数ヶ月くらい。身体を動かすことは身に染みついており、いろんなスポーツをやったので多分どんなスポーツでもそこそここなせる自信があります。今後はパートナーや友達とも一緒に楽しめるゴルフと社交ダンスを狙っています。美しさよりも健康です!


他人を見て、なんであんなに恵まれているのだろうと妬ましく思ったことがない人はいないでしょう。でもその裏には長い長い蓄積があって、その答えが顕著に表れてくるのが50代のように思えます。当然ながら何事も始めるのに遅すぎることはなく、まだ間に合うことはたくさんあるはずです。でも、同等に、逆転できないことがたくさんあることも諦めなければなりません。そのことが分かれば随分と楽です。

今のところの通知表(自己採点)--

仕事 A
家庭科 C+またはB-
家族(夫婦) A-
人間関係 B+
体育 A-
 ・
 ・
 ・

この10年でちまちまと点数を上げていきたいです。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる