後宮の女たちも

最近はまっているドラマは中国の「宮廷の諍い女」。




2011年中国をはじめ台湾・香港で高視聴率をあげた【宮廷女官 若曦(じゃくぎ)】。「これからの10年間に若曦を超える作品は作られないであろう」とまで言われたが、早くもその「若曦」を上回る作品が登場した。 それが【宮廷の諍い女】である。「若曦」は雍正帝が皇位に就くまでの皇子同士の争いにヒロインの若曦が巻き込まれる姿を描いたが、本作は雍正帝が皇位に就いた後に後宮入りする甄嬛(しん・けい)の姿を描いた作品だ。中国では放送が始まるやいなや、本作に魅了された視聴者がインターネット上で作品の話題で盛り上がり、瞬く間に「宮廷の諍い女」ファンが急増!そして再放送の度に視聴率がUPするという中国では前例のない現象を巻き起こし、「宮廷の諍い女」は“神劇”(神のようなドラマ)と称されるまでに至ったのである。


後宮、大奥、ハーレム、名前はいろいろですが、一人の男性に対して何人もの女性が傅き、子孫を少しでも多く残そうという体制は歴史上多く見られます。不公平だわ!と思いがちですが、ライオンの群れと同様。ライオンは強い1匹の雄が群れを率い、多数の雌と繁殖し、別の雄の子供は食い殺してしまいます。それがライオンという種族を生きながらえさせる知恵です。そうした中国版大奥のドロドロ感はもちろんのこと、華麗なる衣装とアクセサリに目を奪われます。

イヤリングの豪華絢爛で美しいことときたら。月とすっぽんですが、ふらふらと訪れた阪急百貨店で新しいピアスを衝動買いしました。阪急、いや百貨店全般は楽しくも恐ろしい場所です。


バックキャッチピアス


ピアスといっても、バックキャッチピアスの一種なのでしょうか?手持ちのどのピアスに合わせても使用できます。耳の後ろからかすかに揺れるパールが、いつものピアスの表情を変えてくれます。ダイヤや他の石の一粒ピアスを付けることが多いのですが、ちょっとだけ華やかにしたいなというときに活躍しそうです。最近はイヤークリップなど、様々な形態の「耳飾り」が流行っていますね。

「・・・諍い女」では恐ろしい長さの「爪飾り」が目につきます。中国のネイルケアの歴史は紀元前3000年にさかのぼるそうです。西太后の時代、清朝後期后宮では爪を伸ばすだけでなく、爪を保護するために爪カバー(「護指」、「爪飾り」などともいう)を施し、それは金銀や宝石をちりばめた非常に豪華なアクセサリーでした。爪のお洒落は、自らの地位を鼓舞する役割を果たすと共に、どの時代の女性の心も引きつけてやまないものなのでしょう。


201508ネイル2



グレーに少しパープルを混ぜた深グレー(マツコがよく使う色です。注目してます)にバーガンディーの大きめの石を珍しく乗せてみました。やはりちょっと影響されているのかもしれません・・・。


お盆休みは見送りました。皆さんが捨てた仕事を拾って、ぼちぼち稼いでます(笑)。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる