「モンローが死んだ日」

好きな作家の1人に小池真理子さんがいる。そして憧れる女性の1人でもある。

彼女の真骨頂は「危険な食卓」や「怪しい隣人」、「妻の女友達」などの短篇ホラーだと思う。





直木賞を受賞した「恋」以降は恋愛小説が主となって、彼女の作品から少し離れてしまった(ただ「恋」はさすがに面白い)。だが、久しぶりにこの2月まで「サンデー毎日」に連載されて反響を呼んだ「モンローが死んだ日」を読んでみた。



現代人の心の襞の奥底に踏み込む、濃密な心理サスペンスの誕生。

なぜ生きるのか? なぜ愛するのか?人が他者を、自らを支えきれなくなった時代、「生と性」の意味を問い続けてきた著者が贈る、渾身の感動長編!孤独の中を生きてきた男女が辿りついた場所とは――

幸村鏡子は、長野県軽井沢の外れにある花折町で小さな文学館の管理人兼案内人の仕事をしながら独りで暮らしている。夫を亡くしてから心身のバランスを崩していた鏡子は、町内の精神科クリニックで高橋智之医師の診療を受けはじめる。やがて鏡子と高橋医師は恋に落ちるが、高橋は突然姿を消してしまい......。



彼女自身の年齢と相まって還暦間近の女性の恋愛がテーマとなっている。この世代の女性の心理を描き出した小説は意外と少ない。恋愛だけではなく、夫を亡くし心のバランスを失っていく絶望と再生が描かれている。謎解きとしてはラストは想像通りだけれども、いろいろな読み取り方ができる作品だと思う。


「本棚」アップがなかなか進まない・・・。最近、行きつけの図書館のHPが新装されて、今までも予約の際に便利に使っていたが、さらに改良されて自分の本棚リストが作成できるようになった。きちんと記録していけば、あの本読んだかな?と悩むこともなくなりそうだ。みなさんもお近くの図書館のHPを今一度確認してみることをお勧めする。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる