横山秀夫「臨場」-ドラマも始まりました

ミタと読書1 ミタと読書2
(ちょっと毛がぱさついてきたね)

夏は熱波で苦しむリビングも、この季節は気持ちいい~。猫は日光を浴びることにより体内でビタミンDを生成するという。日向ぼっこはとても大事。人間だって陽の光を浴びないとセロトニンが分泌されなくって鬱々としてしまう。

お昼のひと時はTVを消して読書しよう。

夜中の「相棒」枠の後に新番組が始まっていた。横山秀夫原作の「臨場」である。ちなみに「臨場」とは、警察組織で事件現場に臨み、初動捜査に当たることをいう。「生涯一検死官」の異名をとる倉石義男役を内野聖陽がやっているのを見て驚いた。倉石は見た目はヤクザまがいの小汚いダークな男。それを清潔感あふれる内野さんが演じるとは。内野氏、朝の連ドラ以来割と好きで、舞台俳優としても活躍する彼の舞台も何度か見たことがある。

臨場臨場
(2004/04/14)
横山 秀夫

商品詳細を見る


「イメージと違うよな」と思って見始めたけれど、案外悪くない。内野さんももう40歳だ。演技力には問題ないし、いい具合に老けている。30代後半、40代となってもほとんど老けず、爽やかさや綺麗さを売りにしている芸能人もいるが、個人的には深みがなさそうであんまりそそられない。男はちょっと疲れた眼尻の皺なんかが色気なんだと思うけど。それが私がF・M氏に興味がない原因の1つである。

第三の時効 (集英社文庫)第三の時効 (集英社文庫)
(2006/03/17)
横山 秀夫

商品詳細を見る


あ、話を戻そう。横山秀夫は映画にもなった「半落ち」が特に有名だと思う。でも、彼の真骨頂は短編にある。「臨場」も悪くないけれど「第三の時効」が私の一押し中の一押し。昔は刑事小説なんか洋物しか読まなかったが(こちらのお勧めは後日)、最近は和物一辺倒。中でも、トリックの面白さと心理描写のリアルさとを兼ね備え、何とも言えぬ哀愁が流れる横山氏の刑事(警察?)小説は文句のつけどころがない。御一読あれ。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第三の時効 横山秀夫

F県警捜査第一課が遭遇する難事件の数数。 あやふやなアリバイこそが実は鉄壁のアリバイになりうるという、 容疑者の仕掛けた狡猾な罠に挑む...

コメントの投稿

非公開コメント

ミタちゃん、おひさまの光が気持ちよさそう。おなかの毛が、真っ白でとってもきれい。これは確かに顔をうずめたくなりますね。

あ、本題とずれるかもしれませんが、疲れた目じりのしわ、すっごくツボです(笑)ええ、大好きです。

肉球もよいけれど、猫の魅力はふくふくのお腹だと思います。顔を埋めると何だかお陽様のようないい香りがします。いい季節ですね、春って。

目じりのしわにご賛同ありがとうございます。自分の皺は許せませんが(笑)。男性も女性の法令線に魅力を感じたりしてくれないでしょうか。

はじめまして。
私も臨場見てまして、こちらに辿りつきました。

原作は読んでいませんが、
内野さんはいい具合に年齢を出されてて好きです。

>40代となってもほとんど老けず、爽やかさや綺麗さを売りにしている芸能人もいるが、個人的には深みがなさそうであんまりそそられない。男はちょっと疲れた眼尻の皺なんかが色気なんだと思うけど。それが私がF・M氏に興味がない原因の1つである。

ここに、とっても共感してしまい
コメントしてしまいました。
ちょうど同じ事思っていたのでv-356

コメントありがとうございます。

昨日も「臨場」見ましたよ♪犯人もトリックも知っていたので少し面白みがありませんでしたが。でもこれは原作が本当に秀逸なのできぃぼうさんも是非。

共感ありがとうございます。内野さん、いい感じです。

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
「第三~」は間違えました。削除お願いします。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

コメントありがとうございます。
横山秀夫は好きな作家です。

また後でブログ拝見させていただきますね。
プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる