完全犯罪と女たち

34歳詐欺女が捕まったと思ったら、次は鳥取で周りの男性が次々と不審死を遂げたという35歳女が現れた。同種の事故は連鎖すると言われるが、同種の犯罪も連鎖するような気がするのは気のせいか。

どちらの事件でも睡眠導入剤というのがキーワードになっている。前者の女の場合、今回車の中で発見されたO氏を除けば、男性らの死因は事故死(自殺?)で処理されており、O氏の死がなければそのままこの事件は表に出ないままだったかもしれない。

不思議なのは女の行動だ。次々と男性たちを騙すテクニックを持ち、ブログの文章を読む限り、結構高い知的水準を持つ女性だと思われる。それなのに、女が真犯人だと仮定すると、車の中にキーがない、練炭にO氏の指紋がないetc,etc、あまりにも偽装工作がおざなりすぎる。行き当たりばったりすぎて、推理小説好きの私としては、なぜだ!と頭をひねることばかりである。

ドラマ「古畑任三郎」では、完全な策を弄したはずの犯人の手から水が漏れる。十津川警部(西村京太郎トラベルミステリーシリーズ)は、あの面倒くさい時刻表を読み解き、犯人のアリバイを破る。しかし、現実社会では勧善懲悪とはいかず、闇に葬られた完全犯罪が本物の犯罪の数倍存在するのであろうか。死体が発見されないために事件化されず単なる失踪と扱われている殺人事件はかなりあるという話を聞いたことがある。「失踪」自体、この日本ではかなり多いのだ。

ちなみにWikipedia曰く、
完全犯罪という語は、一般的に以下に挙げる条件の、一部または全てを満たす場合に使用される。

犯行が露見しない
被害者が見つからない
加害者が判明しない
証拠が見つからない
トリック(犯行の手法)が見破られない
法的に裁かれない(法の目をすり抜ける…など)
加害者が捕まらない(時効まで逃げ切る、捜査範囲外に逃亡する、天寿をまっとうする…など)


モラルの問題やらストーリーの問題やら何やらで、完全犯罪よりも犯罪が露見し犯人が捕まる小説の方がずっと多いことは言うまでもない。だが、数は少ないながら完全犯罪を扱った名作もある。その中の最高傑作の1つだと個人的に思っているのがコレ。

カトリーヌ・アルレー著「わらの女」
翻訳の仕事をする知的で打算的なドイツ人女性ヒルデガルデ、34歳独身。彼女が見つけた新聞の求縁広告は“莫大ナ資産アリ。ナルベクはんぶるく出身ノ未婚ノ方、家族係累ナク…”というものだった。こうしてすべてが始まった。そして彼女は億万長者の妻の座に。しかしそこには思いも寄らぬ罠が待ち受けていた。



34歳の翻訳者・・・もしかしたらこれを読んでいるあなた?(笑) 1956年に書かれた作品だが、現代でもその内容は全く色褪せない。元女優カトリーヌ・アルレー自体、詳細な経歴は明らかにされておらずミステリアスな存在である。こんなゾクゾクする犯罪者を小説で読めば、かの34歳女の犯罪など実に単純だと思えてしまうのだ。

ウィリアム・アイリッシュ著「幻の女」とともに、古典ミステリの名作中の名作「女」シリーズ。未読の方はこれを機に(?)是非どうぞ。

コメントの投稿

非公開コメント

34歳の翻訳者・・
あ、私だ(笑)

早速図書館でネット予約しました。
便利ですね~。
最近ミステリーを読んでいないので、楽しみです。


ノアたん、もうすぐ来るんですね!
ぜひぜひ合わせてください♪
写真を見て、勝手にワクワクしています。

あ、あなたでしたか

occhiさまをイメージしたわけではなかったのですが。旬の34歳ですわね(笑)。

面白かったらいいなぁ。また感想聞かせてくださいませ。

ノワたんは翻訳者忘年会または新年会を開こうと思うのでそこでお披露目をば、と勝手に考えています。ではでは。
プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる