不倫考(II)-「水槽の中で」

(I)を書いてしまったので(II)も一応書いておかねば。

基本的に恋愛は非常に個人的な問題なので、よそ様の行動をどうとかこうとか言うのは格好良くない。人それぞれに事情はあろうというものだ。でも(I)で書いたように、良い悪いではなく好き嫌いでまた勝手に書かせてもらおう。ブログだもの。思ったままをリアルに井戸端でやってしまうと反響も広がりかねない。

(I)で「秘匿する気のない」不倫(浮気を含む)はMYルールにそぐわないと書いた。あと2つ、嫌いなタイプの不倫がある。

1つは「井の中の蛙型」と言おうか「小さな水槽型」と言おうか、ともかく、ある種の団体やコミュニティやサークル内で次々に獲物を狙うタイプだ。たとえば、会社、PTA、趣味のサークルなんかがこれに当たる。次々と相手を変えるというのもどうかと思うが、こっちが気付かないのであればまあいいとしよう。それが限定された空間内だと気付かないわけにはいかない。おしなべて女性という生き物は第六感にたけ、噂話も大好きで、当の本人でさえ(いや本人だからこそ?)自らの恋愛事には口が軽くなってしまう。女性と書いてはみたものの、男性にもオトメンならぬ男おばちゃんのような人はけっこういて、その手の情報収集能力がある人もいる。

私のもといた会社はデパートではないが、完全男女平等で女性への厚生も充実していたせいか、女性の割合がとても大きかった。会社自体もまあ結構な規模である。ということは、男性にとっては割とモテる美味しい環境にあるということだ。加えてアルバイトの女子学生やパートさんもたくさん出入りする。そこでは実に様々な恋愛争奪戦が繰り広げられた。独身同士ならいいが、それに既婚男性が参戦する場合がある(既婚女性はまず参加しない)。いわゆる初物食い(下世話ですみません)の上司は、可愛い新入社員やアルバイト生が毎年入ってくるものだから、トウのたった彼女は捨てられる。

いい思いをしたのだからとおじ様をもてあそぶ余裕のある女の子は、何事もなかったかのように元に戻るが、運悪く純粋?で思い込みの激しい女の子は修羅場るか会社を去る。周りの人間はたいがいのいきさつは分かっているのだけれど、こういう場合、忠告や意見は何の意味もなさないことはおわかりだろう。

他人事とは言え、同じ水槽内でこのようなことが起きると、少なからずチームの和のようなものが乱れる。引っかかる奴がアホやと切り捨てる人もいれば、女性に同情的になる人もいる。仕事やプライベート面で美味しい思いをした(と思い)と苦々しく嫉妬する人もいれば、ドタバタを楽しもうとひっかきまわしに入る人もいる。みな、聖人ではなく普通の人間だもの。

ただ、結果的にはやはりいいことはない。良き同僚や仲間だった人が消えたり、何となく互いの心の中にひっかかりが生まれたりもする。そういう浮気男と付き合った女性は、不倫の元カノというレッテルが張られてしまう。そんなことは気にせずに強く新たな恋愛に進む女性が過半数だけれど、何となく不倫癖みたいなものがついてしまうこともある。

一番美味しい思いをしたのは当の既婚男性だろうと思われるかもしれない。しかし、やっぱりそれは違う。いくら仕事ができようと、いくら人当たりがよかろうと、いくら外見を整えようと、その男性は彼を知るほぼすべての人々からの敬意や信頼を失っている。上司は仕事もでき(できずに女の尻を追っかけてたら単なるアホ中のアホ)、話題も豊富で、人間や男としての魅力はあったかもしれないが、尊敬する気にはなれなかった。彼の言う言葉をすべて信頼を持って受け入れることができなくなった。特に年を経るごとに。まあ、敬意なんていらん、と男性諸君は思われるかもしれないが。ちなみに私が男性に最も重きを置くところは、年齢を問わず尊敬できるかどうかだ。

あ、長くなって2つ目がかけそうにない。そして、単純にアホな不倫男の話もいろいろあるが、またいずれ。私は女なので当然女性目線、男性に厳しいことはご容赦あれ。

コメントの投稿

非公開コメント

面白かったー。第Ⅲ稿、楽しみです。不倫じゃなくても、小さなコミュニティ限定で次々女性に言い寄る男性は苦手です。まーでも、年取るごとにそうなっちゃうのは仕方ないのかな。忙しくなると出会いの場も限られるしね。

実にくだらないネタを楽しんでくれたようで嬉しいです。第III弾も期待せずにお待ちください(笑)。

はじめまして。「そうだそうだっ!」ととても共感しました。
我が夫、当然既婚男性ですが、参戦中です(本人は私にバレてないと思ってる)。
おっしゃるように、周囲からの敬意や信頼を失ってるんでしょうね。家庭では、マイホームパパ。でもやっぱり不信感しかないです。
もっともっと翻訳で稼いで、経済的自立をしないとなあと思う日々です。

はじめまして

コメントありがとうございます。同業者さんですね。嬉しいです。

で、夫君、困ったものですね・・・

信頼と欲望とを秤にかけて、色という欲に負けちゃったのでしょうか。マイホームパパで浮気はよくあることのようですが、家庭も恋人も大事というリスクヘッジのかけ方は好きではありません。人生においてリスクヘッジは大切ですが、人の心にリスクヘッジをかけるって、潔くない気がします。

ただ、難しいものですね。夫婦って。

いいコメントができませんが(汗)、またどうぞ暇なときは寄ってやってください。





プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる