野生に生きる者たち

芸能ネタはほとんどがmixiニュースで知ってしまう。U.アンナ殿、熱愛発覚したと思ったら破局したらしい。ふうん、すごいスピードだ。「人はいろんな事を言うけど、すべては学びなんだ」だそうだ。またグータンででも学んだことを聞かせてもらう機会が来るだろう。

年末にも書いたけれど、最近つけてるTVチャンネルはほとんどアニマルプラネット。だんなさんと一緒にミーアキャットと大型ネコ族たちの生活にハマっている。ついでに言うと、2月は猫の月なので猫祭りも開催中で嬉しい限り。ノワがやって来てからは犬物も好きになった。お勧めは「ワンコ改造計画」。犬板のbefore/afterである。

私が思うに、生物にとっての最大の目標は「子孫を残すこと」なんじゃないか。野生動物たちはそのための本能と知恵を持っている。その行動のほぼすべてが自らの種を守ることに関わっている気がする。子孫を残すこと、すなわち繁殖(交尾)することだ。

ミーアキャット(他の動物たちも同様)の群れでは様々な決まりや縛りがある。たとえば、リーダーの♀以外は(ある一定の状況下では)妊娠してはならぬという厳然たるルールがある。それに違反して彼氏を作った娘はリーダーの母から絶縁されて一時群れを追い出される羽目になった。1匹では厳しい自然の中生き抜くことは不可能なのだ。紆余曲折を経て、絶縁を解かれた娘であるが、他の群れの♂に誘惑され、また関係を持ってしまう。

他の群れの♂も同じ理由から群れの♀に手を出すことができず、他の群れの♀を狙うのだ。両者とも駄目だ危険だと分かっていながら欲望には打ち勝てない。茂みに隠れて逢瀬を楽しむわけだ。強い♂を狙う♀同士の戦いもシビアだ。地位を確立するために早く妊娠&出産しようとし、ライバルの♀の妊娠&出産を阻もうとする。

愛だの恋だの精神性を謳うけれど、ミーアキャットらの野生動物の世界を見ていると、逆に人間も生物の1類なのだと実感する。権力闘争も人間世界もさほど変わりはない。恋愛って結局は肉欲であって、繁殖して種を残すためにDNAに埋め込まれた導火線のようなものなのだろうか。

だから、繁殖力のなくなった♀や♂にとっては、もう血がたぎるような、身を焦がすような恋愛は実は無縁なのかもしれないと思ったりもする。ある異性を好きで好きで仕方がないという若い頃のような激しい気持ちがなかなか沸き起こってこないのは、経験値が上がったせいだけではなかろう。そして、I.純一氏やU.アンナ嬢を見ていると、まだきっと彼らの中には野生の血が色濃く残っていて、繁殖能力が充分にあるんだろうなぁなどと思ったりもする。一♂と♀としては非常に立派。私などは野生世界ではきっと落ちこぼれ者。Misアンナに蹴り出されていたことだろう。

ところで、人間とは肉食動物なのか、草食動物なのか。米と野菜で生きていけるから草食のような気もするし、やっぱり肉や魚のタンパク源は必要だろうと肉食という気もする。雑食というくくりもある?

コメントの投稿

非公開コメント

う~ん

アンナ嬢や純一氏は、究極の恋愛体質なんでしょうね。
そう、恋愛至上主義。なによりも恋愛が最優先。
やや、恋愛依存気味??
彼らは、種の保存というよりも、単に色が濃いのでは??(笑)

アンナ嬢の場合は、パパの辰さんが、昔相当の女たらしだったそうで、
その女の怨念ではないかという噂も・・・

アンナさんの場合、マスコミにばれた途端に相手がビビッて関係を切ったんじゃないでしょうか。所詮、結婚を考えるほど真剣じゃなかったんでしょうね。

彼女の男を見る目の無さが気の毒に思えます。

ぱりぃちゃんは非恋愛体質をたまには脱却すべきかも?(笑)

親の因果が子に報い・・・いやそれはあまりにも・・・

なんとなくアンナちゃんのおバカさ加減が憎めない感じもするんですけどね。それを近くで見ている娘さんがどのように育つのかはちょっと不安ですが。

お金と美貌を生まれながらに持ち合わせていた女性の不運というものでしょう。

それです、まさに!
自分のココロが乾ききって砂漠化してるのを認めたくはナイのですが、純一さんがテレビに出ているとチャンネル変えてます。他意はありませんが…。ワラ

いえ、きっと他人様の幸せがメッポウ面白くないのでしょう。ワラ

今朝もマドンナが28歳年下の彼氏と復縁したかなんだか知りゃーしませんが熱烈キスなどしてるショットが映ってました。
これには女性として「やるよな~」と感動すら覚えてしまうんですけど、普通に考えると相当凄すぎますな。
怪物マドンナだからできちゃうのねって納得。

動物的恋愛、南無~。

rereさまご無沙汰っ。

マドンナと聖子ちゃんは別格。

私も最近乾いているのを自覚気味。いかんよなぁ。28歳年下を息子以外に見れるのは御立派だわ。

他人の幸せを喜んであげましょう(笑)。
プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる