「SEX AND THE CITY 2」-10ミリオンの輝き

早速観に行ってきたのだ。「SEX&THE CITY2」。ドラマの大ファンである私はこれだけは見逃せない。宣伝もかなり力を入れていて、月曜のスマスマはさておき、火曜にはPTAの天敵番組「ロンドンハーツ」にまでサマンサとキャリーが出演していた。インタビュアーはナニワの美容番長シルクだ(笑)。



SEX AND THE CITY


さて、映画はというと、ドラマを観ていない人には全くお勧めしない。突然、映画を観た人は、何のことやら、トウのたった女4人がキャアキャア言ってるだけの痛々しい映画にしか思えまい。2時間超が退屈でたまらないに違いない。ドラマ自体も1話か2話、もしくはシーズン1で脱落した人にはこのドラマの良さが分からないと思う。最初はヤッてばかり(笑)のB級ドラマにしか映らない。そして、SEX LIFEとファッションばかりが注目を浴びるが、実はじんわりと心に染みいってくる本当にいい脚本なのだ。字膜と吹き替えも上手い。それに、日本にいながらにして本当にマンハッタンにいるような気になれる(パリの回も好き)。シーズンが進む毎に味わいが出てきて最終シーズンまで全く飽きない珍しいドラマだ。本当は映画化などされず、そこで完結していればよかったのかもしれない。

サラ・ジェシカ・パーカー演じるキャリーも、冷静に見れば自己中のとんでもない女だ。しばしば馬面と称される顔も決して正統派美人ではない。日本人はキャリーよりもシャーロット派が多いと言われている。でもなぜかドラマの中ではキャリーの魅力がはじけるのだ。この不思議なキャラを作り出した脚本家の才能はすごいと思う。

映画は先に言ったように感動を期待してはならない。陳腐なストーリーだ。でも、総額10ミリオン、日本円にして9億3000万をかけた衣装は見所がある。プッチ、シャネル、ディオール、・・・サラは40回以上衣装チェンジしたという。私自身はそれを見てるだけで別にいい。エミレーツ航空のスーパースーパーシートも、中東の超高級ホテルも、観る側を現実逃避させてくれる。

日本版「SEX&THE CITY」はできないかと考えてみた。サマンサは杉本彩でもいいのだけれどいかんせんあの演技力では。シャーロットとミランダは結構簡単に見つかるだろう。しかし、キャリーはどうしても思いつかない。エッジーなセンスを持ち、我儘だけど繊細で、シニカルだけどピュアなコラムニスト。知性さえあれば、外見は私のイメージでは梨花なのだ。

うーん...



コメントの投稿

非公開コメント

早いね。もう2見観たの

映画1の前に、ドラマのシーズン1から全部みたわ。

面白いね。私も好き。

昨夜、深夜にシーズン6をやっていて、つい観てしまった

本場にいるのにまだ観ていません。多分DVD待ちになります。うちの夫はキャリーのことが大嫌いなんですよね~ブスでワガママだってさ。一番好きなのはミランダですって。

でも女性に圧倒的人気なのはキャリーですよね。私もキャリーが一番好きです。



早速よ、さよちゃんと観てきたわ。
ゴージャスな映画だったよ。
再放送何度もやってるね~。

今、4人とも日本に来てすごい宣伝中です。内容も日本人ターゲットか?と思わせる部分がある気がします。

サラのファンの男性はあまりいないでしょうね(笑)。私もキャリー大好きですけれど。サマンサはあのキャラが少し苦しくなってきました。まあ本人が1番苦しいでしょう。
プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる