ハネムーンの恐怖

昨日ノワが膝に飛び乗ってきたところ、太ももに血が点点と・・・

何とノワ、ついに大人の♀になったのだ!

まだ1歳にもならないというのに。近所のトイプー飼い奥様に不妊手術のデメリットも聞かされ、只今悩んでいるところ。まさか勝手によそにボーイフレンドを作り、できちゃったなんてことはないだろうが。

人間の子供ならお赤飯でも炊くところかしらん。今はそんなことしないかな。お祝いに大好きなマンゴーをサービスしたのであった。



さて、とりあえずご報告を終えて本題。

お盆とはいえ友達と会ってご飯orお茶くらいの予定しかなく、だんなさんも相変わらずで、○○家は非日常ならぬまさに日常である。涼しくなったらお墓参りくらい行かないと。まあこの時期外に出たって暑いだけだから(負け惜しみ)。

で、疲れを癒しにエステに。お気に入りのH嬢に最近とんと当たらない(指名制ではないのだ)。他の女の子も某大手エステからの転職組が多く技術は確かなのだけれど、やっぱりH嬢の手が懐かしい。

「もしかして、店長、やめてないよね?」と聞くと、

「ハネムーン病なんですよ~」とチーフが言う。

ハネムーン病(Honeymoon Disease)!と聞くと、一番に思いつくのが膀胱炎だろう。

ちなみにハネムーン膀胱炎というのは最初の性体験の後に起こる膀胱炎のこと。新婚旅行中に今まで我慢していた花婿さんがハッスル(死語)して何回も励み、慣れてない花嫁さんの外尿道口付近の粘膜が腫上がる接触性膀胱炎を指す。

最近はハネムーン膀胱炎はあんまり見かけられなくなったようだ。でき婚すらメジャーになりつつある今、ハネムーンで初体験というロマンチックな光景はもはや想像の中の出来事か。え、まさかH嬢が!H嬢は店長だが、まだ20代のピチピチギャル(死語)である。

実はハネムーン病はもう一つある。橈骨神経麻痺だ。

橈骨神経麻痺とは、上腕中央部で上腕骨のすぐ上を走っている神経が、骨と体の外の硬い異物との間で圧迫されることで起こる。症状は、手指や手首が伸ばしにくく(垂れ手)なり、しびれ感と感覚の鈍さが親指と人差し指の間にある水かき部に起こる。

H嬢は左手がほとんど動かずギブスをはめたままである。なぜこれがハネムーン病と呼ばれるかというと、新婚のだんなさんがおくさんに一晩中腕枕をしてあげたりしたことで発症するケースが多いかららしい。腕枕・・・女性の方も一晩は寝にくいだろう。

酔っぱらって自分の腕に頭を載せて寝る一人腕枕状態でも起こるらしく、酒癖のあまりよろしくない(笑)と聞いたH嬢はこのタイプだろうか。いずれにせよ商売道具の腕が動かないことには商売あがったりだ。脱毛や機械系の痩身のコースにしか今は入っていない。病院では元に戻るのに3ヶ月くらいかかるかもと診断されたそうで、実はハネムーン病などというロマンチックな名前でありながら怖い病気なのだ。一夜にして神経がこんなに損傷されるとは。

いずれにせよ、1日でも早い回復を願う。H嬢のためにも(90%)、私の癒しのためにも(10%)。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる