土の香りのサプライズ

週末にR氏から嬉しいサプライズ!何と泥つきの新鮮な蓮根を送っていただいた。

蓮根

我が国のれんこんの収穫量は、年間6万4,200トン。都道府県別にみた収穫量の割合は、茨城県が全国の43%、次いで徳島県が15%で、この2県で全体の6割弱を占めているという。プチ雑学ね。

Rさん曰く「他の産地(徳島、茨城)などは水堀っていって、ポンプで掘るんですが、岩国は砂地なんですよねえ。(水圧当てると砂で表面にキズが出る) 」(原文ママ)。

泥つきでカットされていない蓮根を見るのって初めてだよー。幼き頃は舌も子供で蓮根が食べられなかった。でも、大人になってからはあのシャキシャキ感に目覚め、外では蓮根の天麩羅を所望するようになった。蓮根はビタミンCとビタミンBが豊富で貧血予防にもいいのだそうだ。クックパッドでもググって、蓮根レシピを入手せねば。今まで家でレンコン料理と言えば「牛肉と蓮根のピリ辛炒め」くらいしか作ったことがないかも(苦笑)。



だんなさんの実家は山すそにある。一部ではイケメンの宝庫(さてどこだ?)とも言われるが、まあ田舎である。そのため家の裏の畑も広く、家庭菜園では様々な野菜を作っている。一家でとても食べきれる量ではないので、帰省すると白菜数玉を始め、とんでもない量を持たされ、時には途方に暮れるのである(でも、ありがたい)。

そう言えば、今のマンションのすぐ近くのビルの屋上にレンタル菜園ができた。意外と盛況なようだ。ハーブやちょっとした野菜なら、戸建ての庭やマンションのベランダで育てている友人も多い。ハーブって結構高いもの。ベランダで育つならやってみてもいいなぁと時に思うのだが、死神の手を持つ私が無事に育てられるのかどうか不安だ。

私の実家はというと、ご存知の通り海辺にある。海沿いどころか目の前がまさに海なのだ。本当の話、蛸壺をつるしておけば蛸が入ってくる。キッチンのシンクで蛸が泳いでいることなど珍しくなかった。ちなみに蛸は異様に逃げ足が速いので、油断すると床から脱走を図る。釣り客からもしょっちゅうおこぼれをいただき、調理師免許とおまけにふぐ免許まで入手した母親は当然魚を容易にかっさばく。

戦時中、都会に住む人々は田舎に疎開したり、田舎に食べ物を入手したりしに来ていたらしい。綺麗な着物や宝石が米や野菜に化けたのだろう。もし今、戦争や食糧危機がやってきたら、とりあえず我が家は自給自足の恩恵にあずかれるのではないかと思う。住むなら駅近の都会しかありえへん!とほざいている私も、いつの日か田舎のありがたさを骨身にしみて感じることがあるかもしれない。皆さん、いざというときは我が家に疎開においでよ(笑)。

いずれにせよ、土に触れ、土のにおいを感じることなど生活の中でほとんどなくなった。段ボールの中の蓮根を見て懐かしい気持ちになった。

さて今晩のメニューは・・・。


コメントの投稿

非公開コメント

お口あえば幸いです。
岩国はややマイナーなんですが、地元では割と有名。俗説で9ツ穴レンコンといい、珍しく縁起よく、体にもよいと評判。

水堀×→水掘り○ですね。
失礼しました。

美味しかったです!

とりあえずは王道?のキンピラから。

やっぱり旬の産地のものを食べて、中身から入れ変わらなきゃなと実感しました。
プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる