幻のワイン会--バブルへGO!

お正月に帰省した折、珍しく母からワインをもらって帰った。そのワインが何と1989年の「シャトー・オー・ブリオン(Ch.Haut Brion)」という超ヴィンテージワインであったことは以前にもブログで書いた(詳細は「猫に小判、KYOKOにお重、母にワイン」をご参照あれ)。

自分一人で飲むにはもったいないし、勇気が出ず、ワイン会を主催することにした。その待ちに待ったワイン会がおとといの土曜日である。

だが、実は主催者というにはあまりにおこがましい。真のグルメのワイン通友、YちゃんとMちゃんが影の(いや表の)主催者である。場所はMちゃん行きつけの新地の「アンティークワイン」を貸し切った。フランスリヨンで働いていたオーナーが出したお店。気取らずに飲めるアットホームなバーで、新地にはいたく珍しく完全禁煙なのである。そして、食事は前回紹介した同じく新地の「ビストロキュニエット」からケータリングしてもらった。新地ダブルという贅沢な催しだ。

「ワイン好き」ということを条件にお声かけさせてもらったら、あっという間に10人が集まった。これ以上なら幻のワインが行き渡らなくなる。残念ながらここらで打ち止め。おひとり様でという記事を書いたばかりなのにこれだ。


まずはメインに入る前に、シャンパン、白、赤を1杯ずつ(写メ撮り忘れ。「グルナッシュ」のイメージが一変する、という松本氏のお勧めで飲んだ赤、濃厚で私は結構好き)。白は参加者のうちワインエキスパートの2人とも外す。マニアックなセレクトだわ。

201102ワイン会4 201102ワイン会2

オードブルとピザとメインは「鹿のパイ包み焼き」。どれもワインに合うわ~。Mちゃん持ち込みのパンとチーズも絶品だった。梅田大丸地下のチーズ売り場って充実してたのか。パンはバレンタイン用にハート型のものを焼いてもらってくれた(あー写真撮り忘れ(涙))。

そして、本日の主役オーブリオン。まずは香りを楽しむ。嘘!へたってない!ボルドー、しかも当たり年の高級ボルドーはさすがに強く、あの熱暑にも耐え、生き抜いていたのだ。

1989年は平成元年。OVER40の我々はまさにバブルへGO!と20数年前へトリップしたのだ。全く根拠のない自信に裏打ちされたイケイケ(今ならアゲアゲ?)だった自分。恥ずかしいような懐かしいような。そんな長い歳月を経て、今なお我々を魅了する芳醇なお味。どうせ歳を取るならヴィンテージな女になりたいものだ。

201102ワイン会3 201102ワイン会5

「まだ私たちのバブルははじけてないから!」
とのたまう(笑)N嬢とP嬢。それもいいんじゃない?


201102ワイン会1

タイミング良く、前日はP嬢のお誕生日。Cキューブのケーキでお祝いした。

私つながりで初対面同士の方も多かったが、次回のお茶事やワイン会の予定もどんどん決まる。人と人とをつなぐ楽しさを実感させていただく。

始まりは1本のワインから。


コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご参加ありがとう。
盛り上がって(よね?)、本当に楽しい夜でした。

実はあれからダーとノワがお迎えに登場。ダーはさておき、ノワたんに会ってほしかったです。そこだけがちょっと残念。

またね!
プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる