小さなおじさん

週末は世界陸上を見て、サッカー男女を見て、「ルーキーズ」(笑)を最後まで見て、スポーツ三昧となった。よく考えると、旅行が順延となってよかったのかもしれない。私はさておき、だんなさんは夜は、大浴場ではなくTVの前に釘付けとなったはずだ。
(ちなみに「ルーキーズ」の中で一番の演技力を発揮したのは小出恵介君だと思う。彼の演技が最も自然であった。)



ある朝、寝ぼけてコンタクトレンズを入れた。洗面所からキッチンまで歩き(その間約2m)、何だか視界がぼやけていることに気付いた。右目にコンタクトレンズが入っていないのだ。慌てて洗面所に帰ってみるも、シンクにレンズが落ちていない。シンク中を捜し回り、パジャマもすべて脱いでレンズが付いていないのを入念に確かめ、歩いた2mの間の床を文字通りはいつくばって、舐めるように2時間ほど捜査した。

ない。魔法のように消え失せてしまった。

考えられるのは私の後をついてきたノワがペロッと飲み込んでしまったことくらいだ。食い意地の張った奴はお菓子の包み紙すら飲み込むことがあるのだ。

ソフトのワンデイはまだまだ残っているけれど、最近は1日中つけていても目にはりつかず、目薬なしでドライアイを解決できたこのハードコンタクトがお気に入りなのだ。(この時点で)旅行前だからどうしてもハードも持っていきたい。9月いっぱいはまだ1年間の保証期限内で1万数千円する(高!)レンズが5千円で再購入可能であるので、涙を飲んでコンタクトショップに出かけた。

ショップでさらに涙を飲んでスペア1組も追加で購入した。計算すれば、ワンデイか2weekを購入し続ける場合といつかは採算が取れる日が来るはずと自分を納得させる。しかし、一瞬で5千円が消えた悲しみよ。


家に帰って、気を取りなおして、レンズ分を取り戻すために仕事を始めることにする。その前に、顔を洗おうと洗面所の前に立つ。すると、

シンクにレンズが落ちている。ちゃんとメガネをかけて2時間探し回ったはずのシンクに。

芸能人たちの中には、キャラ作りのためか「小さいおじさん」が見えるというひとがちょくちょくいる。


身長3cmから10cmくらいの、「おじさん」の姿をした妖精?「ちっちゃいおじさん」「小さいおやじ」などと呼称されることもある。妖精が小人という大きさであるのは、世界的にも共通するが「おじさん」という性別・年齢であることや、「サラリーマン風」であったり「ジャージ姿」として出現する根拠は不明。

小さいおじさん


小さなおじさんの存在を信じそうになった朝であった。



コメントの投稿

非公開コメント

探しものって必死になって探すと見つからないものなんだよね(笑)

うちも先日そんなことがありました。
「なんでこんなとこにあるの?!」ってひとり爆笑してました!!

★ルールーさま

不思議だわ、不思議すぎる事件でした。

しょっちゅう物が消える我が家だけれど、それでも最大の不思議です。

腱鞘炎の具合はどう?
私のお尻痛は相変わらず。もう開き直って、できるだけ忘れるように(笑)生活しています。

プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる