2012年の抱負のようなもの

成人式が過ぎた辺りになるといつも、ああもうお正月も終わったなと新年気分が消え、普段通りの生活が戻ってくる気がする。

以前は年初に目標などを掲げてみたが、マニフェストと同じく、立てた目標が実際にどうなったかを検証しなければ無意味なのだと気がついた。実際、年頭にどんな目標を立てたかすら年末には覚えていないことが多い。そのためのブログだろうとも思うのだが。それに目標に向かってぐいぐい突き進む根性も粘りも資質も元々あまり備えていないのだ。いつも通り、ある程度は流れに任せて、こつこつと毎日を過ごしていれば、いつの間にか達成されていることもあるだろう。

しかし、それもあまりに投げやりで淋しい。目標というのは止めにしたけれど、新年ってちょうどキリがいいから始めてみようというきっかけみたいなものにはなる。それが続けば儲けものだし、新しいことや好きなことをやってみるだけでも新鮮で楽しい。

ということで、新年早々美容院に予約を入れカラーリングした。ついでに1週間後にカットとパーマの予約も入れた。今年はもっとまめに美容院通いしよう。そして、ずっとお休みしてるネイルも再開しよう。ついでにご近所で気になっているエステも行ってみよう。すこーし自分を華やかにしてあげようと思うのである。翻訳とは本当に地味な仕事である。もうたとえようもないほど地味(笑)。この地味度を相殺するには相当の派手度が必要かもしれない。

こういうのをワークライフバランスと言うのだろうが、自分の中ではちょっと硬いので、地味度と派手度のバランスを取ると言い換えている。派手といってもクラブで騒ぐとか、パーティに出かけるとか、高級なアクセサリーを買うだとか、そんな本当の派手ではなく、上に挙げたようなささやかな日常プラスワン、美味しいお店を見つけて入ってみる、それくらいのことなのだが。 ケ ケ ケ の日々の中にちゃんと ハレ  ハレ  の日もたまに入れる。バランス良く。


またもや富岡さん(STORY表紙モデル)を追って今度はパーマも少し強めにあててみた。

富岡さん2

家に帰ると「アニー」と呼ばれた。ま、チャレンジなのだ。

アニー
(今朝、ジャブジャブ洗ってブローしてみたら結構伸びていた)


仕事に関しては1年の目標だとか、1年単位で考えると気が遠くなって何もかも投げ出したくなる。何百枚、何千枚という原稿を想像すると先には進めない。目の前の一歩、一枚をコツコツと片付けていく。ジャパネット高田社長の言葉をお借りする。


最後に、GOD FATHERではないけれど、実家や義実家の人々も含めて一族を大事にする。生活と人生の土台で根本である家族こそを第一と考える。ノワもだよ。後のもろもろがうまくいかなかったり、失敗に終わったりしたとしても、土台さえあればやり直しがきくはずだ。おろそかな土台の上に立った建物はいずれは瓦解する。


目標というより抱負のようなものたち。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる