許せないこと

早起きすると朝が長いね!空腹で朝仕事をしていると、意外と脳がクリアになって仕事が進む。朝型生活ってだからこんなに人気があるのか、と今更ながらに実感する。

ネイルの予約も、「お店の朝一9時半で」と告げると、

「ええっ、大丈夫ですか? 血圧平気ですか?(超低血圧なのだ)」と驚かれた。

平気だよ、だって起きてからもう3時間以上経過してるもの。終わってもまだお昼前。この調子で1ヶ月坊主にならないように頑張ろう。



朝のニュースで、政治家のO沢O朗氏の妻が後援者に出したという「離婚のお知らせ」の手紙が暴露されていた。後援者10数人に宛てて、すべて直筆で11枚にわたる書簡を送ったらしい。何だか鬼気迫る。

彼女が離婚を決意した理由は大きく二つある。ちら見なので詳細に誤ったところがあるかもしれないので、詳しくは週刊文春?をご拝読を。

1つは愛人の隠し子の存在らしい。政治家にとって妾や妾腹の子は珍しくないものなのかもしれない。妻もそれは仕方なく了承し、母親が再婚したらしく、第三者の養子として引き取ったということだ。これに怒る気持ちは当然ながら良く理解できる。

だが、離婚に踏み切ったのは2番目の理由の方が大きかったように想像する。O氏は東北の震災後、放射能漏れをいち早く察知して逃げ、地元岩手には絶対に戻らなかったのだという。風評被害をなくすために送られてきた野菜や魚などもすべて捨てたのだと。奥様は、一般庶民ならいざ知らず、これが政治家のやることかと彼を見切ったのだ。

O氏の個人的印象としては、剛腕で様々な性格的欠点はあるものの、男気には溢れた人間ではないかと思っていた。こんなケツの穴の小さな男だったとは・・・

人それぞれだと思うけど、浮気、金遣い、賭け事---ダメンズの特徴はいろいろとあるが、私が最も気になるのは「それって男として、はたまた人間としてどうよ」と思われる、その人の人間性というかモラルというか、その辺の品性の下劣さに触れたときのこと。その人の最も尊敬していた部分や、その人が人生をかけてやってきたことが、所詮そんなものかということを知ったとき、自分の中の愛情やら信頼やらがガラガラと砕けていくように思う。女性関係なんかは出来心や勢いってこともある気がするし(いや、腹立つけど)。金遣いと賭け事に関しては、父親を観てきたので割と耐性がある(笑)。


ダメンズにも、許せる(?)かつ分かりやすいダメンズと、これは駄目だーと思うが外からは分かりにくいダメンズとがあると思う。塩谷駿くんって前者っぽい?エリートで金持ちで高スペックな男性の中にも多分ダメンズがいる。当然ながら同じくらいダウィメンズもいるのだが。


この奥様の手紙の暴露は結構世論に影響すると思うのだけれど、どうなのかなぁ。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる