アナログな日々

この時節が来ると、来年はどれを使おうかなと考えるのが楽しいのがカレンダーと手帳。でもカレンダーは何だかもらえるものが定着してきて、毎年似たものを使っている。どれもお気に入りなんだけど。ダスキンさんの「ねむの木学園の子供たちの絵」、トリミングサロンの犬シリーズ、姪がくれる戦闘機シリーズ(笑)。これは仕事場に貼るとやる気が出る。

手帳は今年は基本に返って「高橋手帳」を購入した。やっぱり手帳は高橋。


高橋手帳
(ツヤありのホワイト)


2013年の気分はまっさらの白。一からやり直しの白。あんまり地味なので、Mちゃんが作ってくれたベルト留めを手帳留めに使っている。キラキラのスワロと黒のモチーフが白に映えて綺麗。

きっとこの時代、スケジュール管理やメモはスマホやタブレットを使うのが主流で効率もいいんだろう。でもアナログな私は手書きが好きなのだ。友達との約束、仕事のスケジュール、仕事中や電車の中や歩いてて(笑)思いついたこと、買物の覚書、ブログに書きたいと思ったよしなしごと、汚い字でささっと書き込んでおく。自分にしか分からない殴り書きだからいいこともある。


高橋手帳2
(まだガラガラのスケジュール)


スケジュールがきちきちに詰まるのは嫌い。息苦しくなる。でも真っ白なままも淋しい。どっちやねん。底を蹴って今年はちょっとアクティブな生活に戻った。引き続き来年も、走るでもなく、止まるでもなく、スローランニングの1年にしたい、文字通りの意味でも。



ちなみに「高橋をうならせたら50万」。この高橋の手帳大賞、私はとっても好きなのだ。いつかいい格言を思いついたら応募してみたい。過去の受賞作で好きな格言(どれもぐっとくるのだけれど)を何個か紹介しておく。

「お茶碗を割るのは洗う人だけ」
失敗するのは何かをやったから。何もせずに見ている人に咎める資格はない。


「答えは問題よりたくさんあるもんだ」
悩んだ時も突破口は1つだけじゃなくてたくさんある。


「二巻の始まり」
仕事で大失敗し「一巻の終わりだ」と言ったパパに、小学生の息子が一言。
「じゃあ、二巻の始まりだね」。励まされたよね、お父さん。


来年、ここに書き込んで、あなたとお会いできるかしらん。


コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
頻繁な更新ありがとうございます(笑)。

「二巻の始まり」にざぶとん10枚!!

心が折れたときこそ、こういう言葉が沁みますよね。

私も来年の抱負を考えようっと。
ほとんど実行できないくせに考えるのは好きなんです。


★yasukoさま

本当、こんな更新してる暇はないはずですが(汗)。

でもついつい書きたくなっちゃうんです。原稿は嫌嫌なのに。

来年の抱負かー。2013年に発表します。
プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる