幻想的な夜と夢と

昨日は公私ともに昔からお世話になっている友人の会社設立パーティに招待されてリッツ・カールトンに行ってきました。

パーティ7 パーティ3


何ですの!席次も決まっていてフルコースですか!早咲きの桜を今年もう見られるなんて素敵すぎます。ひと足早い春かしら。

パーティ5


生演奏まで入っていて、結婚式ですか! シャンパンで乾杯して桜鯛に牛フィレのフォアグラ添え。

営業しようかなぁと思っていましたが、招待客200人は多過ぎて逆に営業できません。それでも何人かの魅力的な方々とお近づきになれました。久しぶりにお会いするお顔も!

友人の会社はいわゆる士業の集まりで、いらっしゃっているのは弁護士さんはじめ士業の方々が多かったです。そしておそらくはクライアントになられるであろう経営者の方々。この不景気の日本、そして冷え切った関西経済を盛り返すべく、中小企業やベンチャー企業の縁の下の力持ちとして働くのではと想像します。

お隣は保険業を行いつつ、NYと日本を行き来しながらNYのチェーン和食店を日本に逆輸入しようと頑張っている女性。NOBUっぽいのかなとお尋ねしたら、やはりノブの出身者も多数いるそうです。


私自身は未熟で末端にいるようなものですが、翻訳という仕事自体は決して末端の半端な仕事ではないと考えています。中小企業もベンチャーも日本国内だけで仕事を完結することはこの時代あまりないでしょう。どんな仕事も知財戦略は企業の要であり、そこで大きく差が出ます。またマーケティング、宣伝、契約・・・どんな場面でもそれをつなぐ言語というツールは必須です。そこをけちって中途半端な発信をしていると、その会社自体の印象も変わってくるように思えます。

最近はちょくちょく翻訳者の会合に出掛けており、その度に優秀な女性たちと出会います。育児などでキャリアを一時中断されていて、そろそろ活動を始めたいという女性たちもたくさんいます。高い語学力と、学校等で得た高い専門知識と、人生の中で培ってきた練れた人間性とを備えた女性たち。私自身は脳の劣化(悲)とともに新たな分野を一からまた勉強する余力が尽きかけているのですが、自分は無理でもそういう女性たちと仕事の橋渡しなんかできたらいいのになと考えています(あくまで妄想です)。そのためにはもっと自分が魅力的な人間になって精進しなくては・・・遠い目標です。



パーティ2

パーティ1


花束とミシュラン★一つを獲得した「とよなか桜会」のお味噌のお土産。くー、嬉しすぎます。


頑張って仕事しよ。




コメントの投稿

非公開コメント

KYOKOさん、 まいどです~ (<このご挨拶、大阪でOLしていたとき以来です。新鮮。)

とても煌びやかな会合に出席されておられますね。そろそろ日本も上向きか?と思わせてくれるような記事でワクワクします。

翻訳業界の末席の後ろの廊下あたりに座っている者として(寒そ)、KYOKOさんののようなネットワークを持ち、翻訳者の広告塔的活動をしていらっしゃる方の存在を頼もしく思います。
一翻訳者を越えたヴィジョンも持っておられるようで、今後のご活躍がますます楽しみです♪
応援してますー! 

てか、自分もがんばろ。(めざせ、脱廊下席)

★yasukoさま

まいどです~。

実に煌びやかなパーティで場違い感満載でございました。9割男性でしたのです。おまけに「ものすごい男前」をKYOKOさんの横にしたと言っていたので・・・ええ、イケメンさんでした。

私は日頃は廊下に座りつつ、時には客間にお茶を運ぶような者かもしれません。広告塔などと恐れ多いことは申せませんが、折角仕事のポテンシャルがあるところには優秀な、しかも知っている人を送り込みたいとは思いますねー。もったいないですもん。

また是非新春会でお話しできたらいいですね♪

こっちもがんばろう

お疲れ様でした~。
しかし開業って大変だろうなと思います。
準備大変だし、呼ぶメンバーも限られた中で呼んでもらえるってのは有難いことです。

しかし8尺はあろうかという、あの桜は立派の一言。2、3本手折って帰りたいとずっと思ってたのを告白します。

★りょう様

思いがけずお会いできて嬉しかったです!

そうですよね。一人の仕事でも、時にはきりきりと胃が痛むことがあるくらいですから、人を使ってあんなに大きな仕事をするってどれだけ心強いの、と尊敬します。

おっしゃるとおり、呼んでくださって感謝すべきですね。お客様(なるかもしれない人)も紹介していただきました。

りょうさんとご一緒していた方、なんだか腰が引けてご連絡できていないのですけれど、また機会があればお話ししたいです。

PS.桜、お隣の女性がフェイスブックに手折ったものを載せてらっしゃいました。私も欲しかったー。
プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる