Facebook始めてみて・・・

フェイスブックなるものを始めて多分10日くらい。これってすごいね、本当、いろんな意味で。FBは世界的に見ればもはや凋落傾向。FB疲れをする人続出で、もっと私的で閉鎖的なSNSが流行しつつあるらしい。まあ私が仮に始めるとしても凋落傾向の頃だろう。

一番便利なのはチャット機能である。連絡を取るにはメールも簡単だけど、チャットはさらに簡単。相手がログインしていれば勝手に話しかければ会話できてしまうのだ。打ち合わせがとん、とん、とんとあっという間に済んでしまった。おまけに何人でも追加して3,4人で会話できるので、予定のすり合わせが一気に進んだりする。

家族ともFBでつながって、生まれたばかりの姪っ子の子供の成長の様子も日々確認できるし、東京で一人暮らしの姪の生活もチェックできる(心配だから)。実家をリフォーム中の姉も始めてくれたら新居の建設の様子が見られるのになぁと思っているけれど、彼女は忙しすぎるので無理だろう。姪っ子のだんなさまたちともつながって20代のBOYFRIENDS(笑)もできてしまった。

日本を離れて以来、会えなくなってしまった友達たち。でもFBで近況が分かり、日本にいたときのように普通に会話できる。まめに電話したりメールしたりするほどの仲でもないが、どうしているのかなと気になっていた友人。友人の友人から見つけることができた。元気なようで嬉しい。

そして最大の理由である仕事関係についても、紹介していただいた人とつながってアポイントが簡単に取れた。実際に電話したりメールしたりするよりも敷居がちょっと低い。お相手もフランクに接してくださるように思う。この間のパーティで出会った社長さんも、面接にあたってはFBをチェックすると言っていた。その学生の人間性がよく分かるのだという(FBを持っているのにブロックしていたり、更新していなかったりする方が評価は低いのだそうだ)。就活中の姪もFBを活用しているという。一方の企業側も発信するという意味でFBは有効ツールなのかもしれない。



でも、当然ながら光あればその裏には必ず闇あり。ほぼ仕事(翻訳)関係で使うつもりで開いたアカウントなのに、上記のように家族も入れたり、旧友を見つけたりして、あっという間に60人弱まで増えてしまった。まめに更新している人も多いので、慣れない今はついついチェックして読みふけってしまう。怖いよ、ブログを書く暇がなくなるじゃないか。自分の日常をついつい投稿したくなるけれど、私が何を食べただとかどこへ行ったとかアイドルでもあるまいしこんなもの勝手に読まされる方はたまらないんじゃないの、などと心配になる。でも何となく書きたくもなる。ブログだとわざわざ来る方が悪い(笑)と言ってのけられるのだけど。

ある人が投稿を行うと一斉に何十人ものいいね!がつく。多くの人が全国を飛び回ったり、美味しそうなレストランに出かけたりして、華やかな毎日を過ごしている。いわゆる「リア充」なのだ。友達に言うと、ハレのことしか書かないからだよーと返された。今は日常的に会う友達にはFBの存在を知らせていない(ブログも)。そこまでつながってしまうと、自分のごく近くで、でも自分のいない場所で、楽しく交流が進んでいることにもしかしたら凹んでしまうのかもしれない。あえて知る必要のないことまでどんどん飛び込んでくるのかもしれない。前回のブログではないけれど、妄想が妄想を呼ぶ。バカバカしいことだ。


すこーしずつうまく付き合っていきたい。SNSもリアルも。技術が進むことって、素敵だけど、難しいね。やっぱりマイペースのブログが好き。イイネ!はつかないけど、(私にとっては)とてもたくさんの方が訪れてくれるこの場所が好き。




コメントの投稿

非公開コメント

お世話になってます♪楽しいけどホント難しいですSNS。私は何度か失敗してるので今は慎重にやってます。基本オタクなので集めた情報を非公開で投稿してはニマニマしています( ̄m ̄* )ムフッ♪

★AKKOさま

AKKOさんの素敵なお姿を見られたのもFBのおかげです(笑)。ズンバ、たまーに受けてます。

SNS難しいですねぇ。これ以上はあんまり増やさなくてもいいかなと思ってます。

何のオタなのでしょう??興味あります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★鍵コメさま

そうですね、本当にSNSも使いようだと思います。さすがに日本ではまだまだ歴史が浅く、やみくもに友達を増やしてトラブルになることも多いようです。

何事も経験なので、私も模索しながら自分にとって適切な利用の仕方に最後は落ち着かせようと思っています。やってみないと分からない部分も多いですからね。
プロフィール

mskyoko

Author:mskyoko
夫と私とトイプードルのノワールとのミニマムな家族。

アラフィフ夫婦の生活もワンコがやってきて大きく変化しました。

想像したよりも50代の生活はずっと楽しいかも。

ワンコを連れて旅行三昧のセカンドライフははたして実現するかしら?

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる